LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

みどりのゆび

midoriyubi.jpg
モーリス ドリュオン 作
ジャクリーヌ・デュエーム 絵
安東 次男  訳
岩波書店; 新装版 (2002/10)




〈 裕福に暮らすチト少年.お父さんが兵器を作る人だったことを知り,驚きます.
じぶんが不思議な〈みどりのゆび〉をもっていることに気づいた少年は,町じゅうに花を咲かせます.
チトってだれ?〉

フランスの歴史小説家、政治家でもあるモーリス ドリュオン(1918 - 2009)
児童文学の古典でしょうか
岩波少年文庫は1977年に出版されています

子供向きのやさしい表現ですが大人はドキッとさせられます
犯罪、貧困、病気そして戦争
花をさかせる チト少年

ラストは美しいですが とても悲しい

彼を愛したまわりの人たちは?まして両親は?

挿絵もとても魅力的です フランスだなって

絵本ナビはこちら

≪ おとなたち 古い考え そのままで ≫

ロージーとムサ

ro-zi.jpg
  ミヒャエル・デコック 作
  ユーディット・バニステンダール 絵
   久保谷洋 訳
    朝日学生新聞社 (2012/7)







〈 お母さんと二人、町の反対側のはしっこに引っこしてきた少女ロージー。
引っこし先のマンションで、ねこを「犬」と呼ぶ、変わった少年ムサに出会いました。
孤独をかかえる二人の心はだんだん通い合っていきます。
ひょんなことから、ロージーとムサは立ち入り禁止の屋上に閉め出されてしまい!?
2011年ベルギー最優秀児童文学賞銀賞。〉

ベルギーの街(ブリュッセルかな)の様子が興味深いです
ロージーもムサもたくさんのものを抱えている
大人たちもさまざまなものをかかえています
児童書だから深くえぐらないけれど 読み手は気がかりなんです
あたたかいココアにほっとします
絵もちっともかわいくなくて それがまたいいのです

シリーズ化(2)まで発売

くわしくはこちら

≪ 少年の 孤独にそっと 寄り添う手 ≫




復讐専用ダイヤル

daiyaru.jpg

赤川 次郎
杉田 比呂美 絵
理論社 (2009/10)
  (赤川次郎ショートショートシリーズ 1)



〈 著者が過去30年の間に発表したショートショートのうち、現在では入手できないものを中心に、傑作だけをより抜き、1巻に14編で構成!
ショートショートの決定版シリーズ。〉
〈 ●恋人を捨てて上司の娘と結婚した男性のもとへ、毎晩きっちり一時に電話がかかってくるようになって…「復讐専用ダイヤル」/
●毎日毎日みそ汁を作るが夫は満足してくれない。妻のとった行動は…「妻の味」〉

図書館の児童書のコーナーでみつけた
これは児童書?へ~ずい分児童書も範囲が広くなってるんだ
というのが第一の感想です
作者に期待して読んだのですが、ちょっと中途半端な気がしました

出版社からはこちら

≪ 児童書も 世相を切り取り 様変わり ≫

怪物はささやく

kaibutu.jpg
パトリック・ネス   著
ジム・ケイ     イラスト
シヴォーン・ダウド 原案
池田 真紀子     訳
あすなろ書房 (2011/11)




〈 ある夜、怪物が少年とその母親の住む家に現われた―それはイチイの木の姿をしていた。
「わたしが三つの物語を語り終えたら、今度はおまえが四つめの物語をわたしに話すのだ。
おまえはかならず話す…そのためにこのわたしを呼んだのだから」
嘘と真実を同時に信じた少年は、なぜ怪物に物語を話さなければならなかったのか…。〉

昨年の中学生の課題図書

イラストがすごい!
モノクロでこちらに迫ってくる

ストーリーもこわくて切ない
物語・真実ってなんだろう?
中学生はどのように読んだのかな?

原題「A MONSTER CALLS」
毒にもなり薬にもなるイチイの木が圧巻

出版社からはこちら


≪ 怪物は 僕が呼び寄せ 物語る ≫

黒ねこガジロウの優雅な日々

gazirou.jpg
 丘 修三  作
 国井 節  絵
 文溪堂 (2012/10)








〈 人間ドタバタ…ねこのんびり?黒ねこ視点で描く、ちょっと辛口な人間観察小説。〉
住吉町3丁目の住人の観察がなかなかするどい
ガジロウの目を通して ユーモラスにえがかれる人間たち
それぞれの悩みや成長もみせてくれる

生まれ変わったら優雅な飼い猫になりたい というのも分かりますよね

友達のネコやノラネコ、憧れのメスネコ、犬やインコも登場して楽しめました

絵本ナビはこちら

≪ 町内を ぐるっと回る 守り猫 ≫

二度目の家出 ふみ
無断外泊 4泊
ふみも待つ家族もへろへろになりました
外の暮らしは優雅ではなかったようです
無事に帰宅でほっとしてます
このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ