LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

はち

夏中ずっと怖かった
軒下に大きな蜂の巣がびっくり

でもなんとか平和共存していたのに、
昨晩3匹がリビングを飛び回った
なんとか外へ出そうと追いかけまわす闘争1時間余り
結局失敗
もうへとへと

今朝庭に落ちていた
hati.jpg

基礎工事がきちんとできていなかったんだね
家を失くしたハチがリビングに入ってきたのでしょう

かなしかったのは
ものすごい羽音で飛び回る蜂たちと一緒に
雪のようにホコリが舞い降りてきたことがっくり
掃除しなきゃあ

いないいないばあ

ガスメーター

10年に1度取り替えるのだそうですBrilliant.
大阪ガスの下請けの方でしょうか、
自称「びんぼうなガス屋」さんが来られた
gasu.jpg

私と同年代でしょう
何故か昔の学生運動の話が・・・
東京の大学はやはりすごかったみたいパトカー
あの赤や青や黄色のヘルメットかぶってた人達はどうしてるのかなあ?
なんて・・・
昔のことを語りだすと老人だとか
いよいよわたしも汗;

59歳になりました

まがれば まがりみち

井上 洋介 作・絵
福音館書店 こどものとも傑作集(1999年)
magareba0926.jpg

わりあい新しい絵本です
子供の頃感じた 夕暮れのなんともいえない雰囲気が
繰り返しの文と井上洋介さんの太いタッチの絵で
うまく表現されているなと思います
絵本ナビ
今は子供だけで夕暮れ道を帰ることが難しくなっていますが・・・

「ちょっとおこっちゃったなおこちゃんのおうち」も好きです
まいえかずお 作
井上 洋介 絵
福音館 こどものとも(1982年)
naoko.jpg

復刊の要望が出ていますが・・・

自動車図書館

神戸市の一部地域(ようするに田舎)で月1回
自動車図書館がまわって来てくれる
昔利用させてもらって時とは数段にランクUP
大きくきれいになってテント付き、車椅子用のリフトまで完備
tossyokan.jpg

絵本やら小説やら10冊も借りてルンルンで帰宅♪

だからスーパーで買った物
袋ごとどこかへ置き忘れてきたことなんか平気orz

ピーターラビットのおはなし

ビアトリクス・ポター さく・え
いしいももこ やく
福音館書店(1971年)
pi-ta0925.jpg

世界中で一番有名なうさぎラビットの第1作の絵本です
手のひらサイズがかわいい
映画をみてきました
ミス・ポター
ストーリーそのものよりも動くイラストや
時代背景がていねいにえがかれていてすっごいよかったです
湖水地方、行ってみたいなあ

中華おこわ

ぶたぶたくんのおかいもの

こうべ

神戸学検定

神戸学検定公式テキスト
神戸新聞総合出版センター
koubegaku0920.jpg

検定試験受けるんじゃないけど(どうせおちるし)
面白そうなので読んでみた
散らばっていた知識がまとまってよかったかな
両親とも神戸育ちなので聞いていた話もたくさんあったし
知らなかったこともたくさん
財政赤字ダントツNO.1ってことは書いてなかったな
WEはぁとvv KOBE   という題です


めぐすり

炒め物をしててちょこっと目に油がとんだ
一日ほっておいたんだけどどうもゴロゴロ
眼科へ
やさしい女医さんがやさしく
「少し傷がついていますが大丈夫ですよ。目薬出しておきますね。
一昨年菜箸が刺さったと来られましたね。」
はっ

さいばし!

ささった!

めに!

完全に忘れてた
そういえば、当たって目が充血したことがあったような・・・
megusuri0918.jpg


目薬を点すには寝転がって口まで開けないとできないのです
パパっとできる人尊敬涙

いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう

バージニア・リー・バートン 作・絵
村岡 花子 訳
福音館書店 (1961年)
kikn0917.jpg

子どもに愛され続けているロングセラー
大判の画面にいきいきと描かれた
スピード感あふれる絵にはひきつけられます
絵本ナビはこちら
原画展でみた「ちいさいおうち」は彼女らしい
やさしさいっぱいの絵でした

のりまき

敬老の日っても何もないので
おばあちゃんの好きな
クラシックな海苔巻きをつくってみたプレゼント
norimaki.jpg

お寿司作る時って
指についたご飯食べたり(手は洗います!)、はしっこ食べたり
できたときはおなか大きかったりしてニコ


なんか連休多いね日本旗
イベントのない我が家は
ひたすら三食つくってますアンパンマン

ジャンヌ・ダルク

M・ブーテ・ド・モンヴェル・作
矢川澄子・訳
ほるぷ出版(1978年)
jannnu.jpg


絶版となっていますが布の装丁の大きな絵本です
叙事詩のような
やわらかい色彩と緻密な描写の石版画で語られます
私のはかなり日焼けしてかわいそうな状態になっていますが
それでもなんとなく気品があります
くわしくはのほのぼの文庫

おたんじょうかい

気のおけない友達がいますはーと
彼女と私はなんと誕生日が同じびっくり
私の方がちょっぴりお姉さんだけど・・・
毎年ささやかな誕生会を二人でしていますCAKE
ちょっと早いけど昨日ランチしてきました

ranri.jpg

たっぷり食べてたっぷりおしゃべりして
おなかもこころもパンパンになって帰ってきました
また来年もねぇ~ちな♪

ムースの大だいこ

副題 カナダ・インディアンのおはなし
秋野 和子 再話
秋野 亥左牟 画
福音館 こどのものとも(1986年)
mu-su0914.jpg

ご夫妻でつくられた絵本です
カナダ・インディアンの「足るを知る暮らし」が白黒そして赤の版画で描かれています
詳しくは絵本ナビ
画家の秋野 亥左牟さんはとても印象的な絵を描かれます

あわ

食器洗い洗剤を詰め替え
あわがなんか宇宙を映し出しているような気がして携帯カメラで
娘がパソコンに入れてくれたソフトを物珍しくいじっていたら
「効果」とかいうのがあった
水彩画風にjumee☆shy2
awa0913.jpg

人生はあわや~


政治の世界はハズカシイし

きゅるきゅる

庄野英二 さく・え
福音館 こどものとも(1965年)


KYURU0913.jpg

横長判を縦に開く斬新な絵本です
船のマストの滑車を作者は「きゅるきゅる」と
こいのぼりもゆりかごもきゅるきゅるとあがります
大きくなった作者は南の島のハンモックでおやすみなさい

庄野英二さんの「星の牧場」が大好きでした
今は新しい装丁で出版されています
昔読んだ長新太さんの挿絵の本はこちらです

<

キムタク

「HERO」をみてきました。

キムタク大好きですハート
「げ~、どこがいいの?」って言われるけど汗

前の「武士の一分」では
「かよ、かよ」と呼んでもらってうれしかったsc03
でもちょっとイメージがちがったかな

TVの「華麗なる一族」も原作の方がよかった汗;
知ってる当時の神戸との違いがやたら気になって・・・

「HERO]は楽しめました
娯楽映画がいい!
やっぱかっこよかったです

とらのゆめ

タイガー立石 さく・え
福音館 こどものとも(1984年)
tora0909.jpg

好き嫌いはあると思いますがインパクトの強い絵本です
異次元にひきこまれるような
作者はどんな人だろう?ってすごく思いました
タイガー立石さんは
漫画家・陶芸家としてイタリアでも活躍されたようです
56歳という若さで亡くなられたと
詳しくは絵本ナビ

トムソーヤ

ししとう

我が家のショボイししとう
sisitou0909.jpg

獅子唐辛子の略なんですね。
端が獅子の頭に似ていることから獅子唐辛子と呼ばれるようになったそうです。
似てるかなあ笑
子供の頃はピーマンとか大嫌いで辛くてたまらなかったのですが。
品種で辛味が少なくなった?
味覚の変化?
でしょうか、おいしく頂いていますにっこり
我が家のはあまりに少なくてお献立には間に合いませんがえーん

それはそうと、今日は重陽の節句
他のお節句に比べてすごいマイナー涙
「菊の節句」
何か食べ物とドッキングしないかなあ絵文字名を入力してください

ひとりぼっちのりんごのき

バナナ

ちらしで見つけました
banana0906.jpg

こんなの必要かしらン
バナナの形も大きさもいろいろでしょうしはてな
でも楽天とかでも売ってるし

バナナといえば
子供の頃、熱が出ないと食べさせてもらえなかったなァ

小学校の動物園への遠足で、お弁当の時間
バナナを1本持ってきた子がいた
「おかずではない!おやつの50円では買えない!」と
大騒動になったことも
あれはサル山の前でしたえぇ

ピー、うみへいく

瀬田貞二 さく
山本忠敬 え
福音館 こどものとも(1958年)
pi-.0905.jpg

「のろまなローラー」など乗り物絵本でよく知られる山本忠敬さんのデビュー作です
港の遊覧船ピーが海への冒険
また静かな港へ帰ってきます

福音館の「こどものとも」も50年の歴史
初期の絵本をみると
今活躍されているそうそうたる作家・画家に驚かされます
私が持っているのは1986年の第5刷です

水まき

ぼうし

瀬川康男 作
福音館 こどものとも(1983年)
bousi0903.jpg

ももたろう・きんたろう・べんけい
そしてみほちゃん
繰り返しの面白さと瀬川さん独特のユーモラスな絵
どのページもおもわずほほえんでしまいます
1987年に絵を増補し判型を大きくして
「日本傑作絵本シリーズ」から出版されています

イーハトーブと満州国

宮下隆二 著
PHP研究所
i-ha0903.jpg

娘のサイト「たけてん」http://blog68.fc2.com/taketenにいらしてくださっている方の著作
「うわーすごいテーマ!」と即購入
最近お気楽なものばかり読んでいたので久しぶりに骨太の本
興味深くて一気に読んだ
宮沢賢治と石原莞爾ー今までとても結びつかなかった2人
同時代にそれぞれの激しい生き方で法華経の信仰を貫いた
戦前は確かに今に色濃くつながっている
作者が今生きる私たちに問いかけている
今持つべき夢は?
くわしくはhttp://book.asahi.com/author/TKY200708070302.html

ジオジオのかんむり

岸田衿子 さく
中谷千代子 え
福音館 こどものとも(1960年)
zio0831.jpg

このお二人の東京芸大同級生の名コンビは「かばくん」が有名です
そのデビュー作
岸田衿子さんは俳優の岸田今日子さんのお姉さんなのですね
しかも谷川俊太郎さんと結婚しておられたのですね
51才という若さで亡くなられた中谷千代子さん
布地に描かれた絵もとてもあたたかく惹かれます
老いたライオンのなんともやさしい表情が好きです
詳しくは絵本ナビで
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=895

ぱんく

さあ出かけようと思ったら
pnku0901.jpg

知り合いの『車なんでも相談』の方に電話
夜、片道2時間の道をかなりの田舎から来てくださる
タイヤをまた使えるように修理して下さる
修理代なんと1500円!
今時自転車のパンクでも...
おまけに産みたて卵2段重ねのお土産まで!


そのたまごがァ

tamago0901.jpg

いくら山のようにあるとはいえ・・・
ごめんなさい
た○たさん
このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

Powered by FC2ブログ


FC2Ad