LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

生きる わたしたちの思い



tanigawa.jpg
     谷川俊太郎with friends著
      角川SSコミュニケーションズ(2008年8月)


谷川俊太郎さんの有名な詩「生きる」
その『mixi』コミュニティに書き込まれたさまざまなコトバが本になりました

とても自然で だから心に響きます
今生きている人の言葉だから でしょうか

私たちの世代はネットに消極的
こんな試みもあるのですね

娘が買ってきたのを横取りして読みました

書評はこちら

もりのかくれんぼう



mori.jpg
    末吉暁子 作
    林明子 絵
    偕成社 (1979年)




林明子さんの絵で秋の森を堪能できました
たくさんの動物たちがかくれんぼ
かくれんぼうも
表紙にもいるんですね
読み終わって気づきます
現実とファンタジーがうまくとけあったワクワクさせてくれる絵本です
絵本ナビはこちら

誕生日

還暦だ かんれきだ
やいのやいのと言っている間に誕生日
娘からのプレゼント
akaura.jpg前     hukuribon.jpg

こんなの着て60のばあちゃんがうろうろしてもおまわりさんは逮捕しないのでしょうかkao06

アホな家族のせいで戸籍上の誕生日が今日
どうも昨日が生まれた日らしい
まあたいしてかわらないし
子どもの頃はちょっといやだったかな苦笑い

よるくま

yorukuma.jpg


    酒井 駒子
    偕成社(1999年)



幼い子供たちにとても人気があるとききました
一見地味な本なのにと手にとってみました
なるほどと
単純なストーリー
でもすぐひきこまれました
黒い枠が効果をあげているのですね
絵本ナビはこちら

町かどのジム

zimu.jpg
    エレノア・ファージョン 作
    エドワード・アーディゾーニ
     松岡 享子  訳
    学習研究社 (1965年)   (新しい世界の童話シリーズ)




昔読んだ本を読み返しました
ファンタジー作家として有名なファージョン
彼女の作品はたくさん読みました
どれも格調が高いように思います
もう古典といってもいいのでしょうか
この作品はあたたかくて大好きです
童話館から新しいシリーズとして出版されています
表紙のジムじいさんの手があがりゆり木馬号が描かれています
くわしくはこちら



礼服

おっとの恩師が96歳で亡くなられたとの電話
お通夜にと
この時期まだ夏用だねと
クリーニングに出してたのを
003.jpg

ズボンがない
かなり探したけれど
店に買いに行ったが
上下でないと無理、しかももう秋冬物
どうしよう
結局時間の都合でお参りはできなかったけれど
先生すみません、アホな女房で
でも仲人してくださったのは先生です

後日お参りさせていただきます
合掌

おつきさまこんばんは

紙芝居がやってきた!

kamisibai080914.jpg
    鈴木常勝
    河出書房新社
    らんぷの本 シリーズ




なつかしい街頭紙芝居
拍子木が聞こえると遊びをほって また家から飛び出して行きました
芸術的とは言い難い絵と話
衛生的とは言い難い駄菓子
でもワクワク楽しい時間でした
まだあのおじさんの顔をはっきりと覚えています
そんななつかしさにあふれた本です
くわしくはこちら

お出かけ

偶然誕生日が同じ友人がいる
彼女は2歳若いけれど
9月末に毎年二人で「お誕生日会」えがお
今日も楽しいランチとおしゃべり
イタリアンのお店で「セレブランチ」を注文してかなりの時間居座った
どこがセレブだかよくわかっらなかったけれどにやり
腰も湿布はって痛くなかったしアンパンマン
帰ってきたらまた激しい雨
004.jpg

でも気分は快晴
また来年もねふるーつ☆Cultivation・笑(小)

まちには いろんな かおが いて

ぎっくり腰

家の前の植木鉢
ちょっと水が切れるとショボーン
ちょっと水をまくとイキイキ
水やりのバロメーターになってくれています
凸凹があまりに分かりやすいので
勝手に「よつばちゃん」と呼んでいます
DSC05464.jpg

ちっちゃなピンクのかわいい花が咲きだしました
大好きです

かぐや姫

kaguya080911.jpg

   新・講談社の絵本
   織田 観潮 絵
   講談社 (2001年)
 



誰もが知っている「かぐや姫」のおはなし
宇宙ステーションができても月へのこのイメージはまた別ですね
「かぐや姫」はすてきな絵本がたくさん出版されていますがとてもなつかしいものをみつけました
巻頭でちばてつやさんが『当時のの児童文学に携わった方々の良心を感じる』と書かれています
「講談社の絵本」で育てられた私にはいとおしいような想いがあります
8冊が復刊されています

絵本ナビはこちら

パソコン

こわれたorz
犯人は私
強制終了が直接の原因
ずっとヘンな音がして重くなっていたんだけど泣き顔
TVをほとんど見ないので地デジ対応のを買った
2008_0916_125659-DSC05466.jpg

そのうちリビングからTV追放
とかえらそうに言っても接続などすべて人任せ
娘がなにやらやってこのブログも無事に
アドレスわからないのでメールは当分お休みです
何もせず分からず成長がありません絵文字名を入力してください

わらび餅

おやつにわらび餅をつくった笑い^^
つぶつぶのわらび粉に水を入れて火にかけひたすらかきまぜる
だんだん透明になっていくのがなんかうれしい
よく母に作ってもらった
きな粉も久しぶりに食べたなあ
DSC05465.jpg
熱いお茶がおいしくなったねアップロードファイル
敬老の日も午後から雨
しっとりと過ぎました

20世紀少年

娘にはめられましたにこ
映画を観て「マンガをもう一度読みたいな」と言ったのは確かです
目の前にど~~んと24巻呆
mannga080913.jpg


私の悪いくせ
一気に読まないと気がすまないのです
ただでさえおろそかな家事泣

やはり
読んでしまいました 一気に、螯rヲW、J、O

あ~おもしろかった
最初読んで ごちゃごちゃだったストーリーも整理できたし

でも
浦沢直樹さん 教えて下さい
「カツマタ君」はどこにいたのですかぁぁぁ?

月がくれたきんか

tuki080913.jpg
    アナリーセ・ルッサルト作
    ヨゼフ・ウィルコン絵
    いずみ ちほこ訳
    セーラー出版 (1988年)



ストーリーは昔話によくあるパターンですが
やわらかなタッチと深みのある色彩の絵が味わいを深くしています
「月のきんか」というのが なんか楽しい
眠る前にいい本かな
静かなやさしい夢をみられそうです
くわしくはこちら

昨夜の雲間から顔を出したお月様もきれいでした
十三夜月でしょうか?


ヨーガ

近くのカルチャー教室でヨーガをならいはじめた
生来の運動音痴に加えて怠惰な生活
体がガチゴチで先生とは程遠く
まわりのずいぶん高齢と思われる方も私よりは~るかにしなやかな動きウルウル

まあ「継続は力なり」を信じて
でもアキっぽいのよネエ わたし
yo-ga080909.jpg
生まれ変わったらこうなります

幸子の庭

satiko080908.jpg

   本多 明 著
   小峰書店 (2007/09)




本からの贈り物で紹介しておられました
とても静かな後味のよい本でした
先祖から魂を受け継いだ庭職人の若者と
曾祖母から豊かな感受性を受け継いだ小学6年生の幸子
美しくよみがえる庭と共に幸子も・・・
読み手もゆっくりとあたたかい空気に包まれていきます
くわしくはこちら

はずかしがりやのおつきさん


      すずきこうじ さく・え
      福音館 こどものとも(1977年)





子供が大好きで何度読んだことでしょう
スキャンするのも恥ずかしいほどボロボロです
今はスズキコウジですが当時はほとんど知られていないイラストレーターでした
(イラストという言葉も知りませんでした)
月の夜を藍で見事に描いた絵に目を見張りました
こうこうと照らす月に見入りました
日本人の作品だとも思えずに「誰だろう?」って
忘れられない絵本です
くわしくはこちら

20世紀少年

映画を観に行った
「20世紀少年」
以前読んだ浦沢直樹のマンガがすごくおもしろかったので
(ちょっと後半はイマイチだったけれど)
映画はよくまとまっていたし
キャスティングもよかったなあって思う
第2・3章はもうみないけれどnihiru

入り口の売店で
20seiki0809.jpg
へんなおじさんがいるなあと近づいてみると
20seiki2.jpg

クジラの彼

kuzirakare080607.jpg
   有川 浩 著
   角川書店 (2007/02)





著者の言う「ベタ甘ラブロマ」短編集です
『空の中』や『海の底』の後日談もあり楽しく読めました
お砂糖たっぷりのデザートかな
いい歳でという気もありますが楽しい本にはちがいありません
読書は娯楽で~す
くわしくはこちら

はさみ

個人情報保護云々
自宅にたくさん送られてくるものポイポイ捨てるのも気がかり
手動のシュレッダー買ったら少し厚みがあるとダメだし
小さな安物の充電式のシュレッダーも同様、音もうるさい
そこでこれ絵文字名を入力してください
DSC05440.jpg
意気揚々とおっとに見せる
「これ知ってたけど『こんなバカな物買う人おらんやろ』と思とったら目の前に!」
確かに使いにくいのですかお
細かく一度にカットできる  ことはできるのですが
個人情報保護どうするの?

仏像のひみつ

butuzo080907.jpg
    山本 勉 著
    川口 澄子 イラスト
    朝日出版社 (2006年)




以前noaさんが紹介しておられ読みたいなあって思っていました
絵本のジャンルに入るのでしょうが とてもなかみのつまった読み応えのある本でした
仏様と同じですね
断片的な知識が整理されて理解できました
ベストセラーになるのも頷けます
単に美術の解説書ではないあったかいものを感じます
続編も出版されているのですね
読んでみようと思います
noaさんは著者の方からコメント頂いたと感激しておられました
くわしくはこちら

アドレス

携帯メールアドレスをかえた
以前からず-っと使っていたものだったけれど
毎日毎日送りつけられる胸の悪くなるような迷惑メールいらいらいらいら
深夜でも何通も
拒否リストにいくら登録しても絵文字名を入力してください
なんかかなしいよ
アドレスかえるしかないとのことで重い腰をあげた
といっても娘の世話になりながらだけれど
DSC05456.jpg
夕方からたくさんお返事のメールを頂きちょっと人気者になったみたいにこー
「毎日かえようかな」と言って娘にしかられた

試食

仲良しの叔母と大阪のデパートへ電車
『北東北3県物産展』が開かれていました
最初はおずおずとだんだん大胆に
すべてお味見してお腹がいっぱいに絵文字名を入力してください
すっかりしっかり「おおさかのおばちゃん」してきました
DSC05454.jpg

この叔母の長女一家はお屋敷街として名高い芦屋に住んでいます
と~ってもかわいいバレエ大好きなMちゃんは5年生の女の子
「あたしの夢は『おおさかのおばちゃん』になること」と宣言していますケーキ
ママはお嬢様路線をめざしてあれこれ手をつくしているのですがかお

トルコのゼーラおばあさん、メッカへ行く

mekka080902.jpg
     新藤悦子 文
     牡丹靖佳 絵
     福音館 (たくさんのふしぎ 2007年10月号)




イスラム圏の暮らしは未知の世界
そこで生活するゼーラおばさんを通してすーうっとカアバ神殿へもいざなってくれます
服装やおみやげなど体験された方のおはなしなればこそですね
トルコでの生活も興味深かったです

「たくさんのふしぎ」の一つをちょっぴり知りました
このシリーズはすごいと思います
くわしくはこちら






ホームレス中学生

ho-muresu080901.jpg

      田村裕
      ワニブックス (2007/8/31)




ちょうど1年前に出版されベストセラーになった麒麟田村の本
図書館に予約してもず~~~と借りることができなかった
本屋さんでカバーはすごく魅力があったけれど買うほどは と

文章はまさに中学生の作文のようで下手だけれど
著者のお人柄でしょう、素直にどんどん読めました
極限の苦しい生活なのに読み手を爆笑させるのはすごいなあ
映画が10月末に公開されるそうです

5時過ぎからすごい雨
屋根のあるおうちでよかった

くわしくはこちら

MOGUちゃん

かなり以前娘からの父親の誕生日だったか父の日だったかのプレゼント
ビーズクッション
そのMOGUちゃん
果たして贈られた本人は一度も使っていないのではないかなぁnika
完全に私の癒しゴロゴロうだうだグッズになっている
たまにはとシャンプーしてあげた
mogu080730.jpg

気持ちよく乾いてお昼寝もいっそうここちよくなるねnikopati

9月の残暑はきびしそうだしかお

沈黙のはてに

tinmoku080829.jpg

   ストラットン,アラン (Stratton,Allan〉 作
   さくま ゆみこ 訳
   あすなろ書房 (2006年)



原題CHANDA'S SECRETSより翻訳の題に読み終わった後納得します
アフリカ南部に住む16歳の少女チャンドラ
もちろん実話ではありませんが現在抱えている様々な問題を織り込んで話が展開されます
遠い国アフリカですがとても興味深く読みました
ずっと眉間にシワ寄ってたかな
YA文学なので児童書とするのはまちがったかな
くわしくはこちら
このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ