LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

くまとやまねこ

kumatoyamaneko.jpg

   湯本 香樹実  ぶん
   酒井 駒子   え
   河出書房新社 (2008/4)

心に残る本で紹介されていました
単色の静かな深みのある絵本です
大切な人を亡くした喪失感はたとえるものがありません
その気持ちを否定しないでゆっくりと癒していきます
くまとやまねこの旅はきっと満ち足りたものでしょう
読後感のよいすばらしい絵本だと思います
くわしくはこちら

蒲公英草紙

31F0WFC4K6L__SL500_AA240_.jpg
   常野物語
   恩田 陸 著
   集英社 (2005/06)




にゃんちゃんの紹介で知った常野物語「光の帝国」 の続編
(時代はさかのぼっているから続編とはいえないかな)
語り部となっている峰子のやわかい言葉がここちよかった
明治の農村の風景が厳しい中にも美しくえがかれていく
そして敗戦の日の想い
不思議な能力を持つ常野のある家族と地主一家をとりまく人々のお話
ぐんぐんひきこまれていった
くわしくはこちら

アソーさんなら「たんぽぽ」って読めないよね(笑

源氏物語

gennzi.jpg
   瀬戸内 寂聴 訳
   講談社 (1996~1998)



私のわずかな宝物の一つ サイン本

この訳本はとても読みやすくすっかり源氏ワールドに浸っていた時期があった

ボランティアの仲間で来週石山寺に行くことになりその勉強会をという流れに
本棚の一番高いところからよっこらっしょっとおろしてきた
元高校国語教師の多岐にわたる「源氏物語講義」はなかなかあもしろかったよ
そのおじいちゃん、入れ歯が取れたとかで代わりに資料朗読さされたけど04

持て余して持ち込んだ「メロンパン」
大好評でアミダまでしてすぐなくなったよ~f

メロンパン

まだまださめぬ「ホームベーカリー」熱
娘が本をプレゼントしてくれた
なんかひと月早いサンタさんだそうな
あれもつくりたい!これもおいしそうペコちゃん
メロンパンメロンパンに挑戦
pan.jpg
外のクッキー地はパリパリ、中はフワフワ
焼きたて(だからか)めっちゃおいしかったよ~
しかし!
18個びっくり!
どないすんねんなあ汗

阪急電車

hankyuudennsya.jpg

     有川 浩
    幻冬舎 (2008/01)




ずっと読みたかった本
やっと借りることができその日のうちに一気読みしてしまいました
おもしろかった!
もちろんよく知っているローカルな私鉄阪急今津線
ということもあったのでしょうが
車内や駅で繰り広げられる人間模様
引き込まれずにはおれません
巧いですねえ
有川浩さん
ますますファンになりました
くわしくはこちら


まるまる

marumaru.jpg
    幼児絵本シリーズ
    中辻 悦子 さく
    福音館書店 (1998/02)
    年少版 こどものとも (1993/10)



くっきりとした色と線!
あけられたまるい二つの穴
なんともかわいい絵本です
小さくなったり大きくなったり笑ったり泣いたり
まるが次々と表情をもって・・・
ページをめくるたびにわくわくします

福音館の案内はこちら

兵庫県在住の中辻 悦子・元永定正さんご夫妻のご活躍はすごいです
昨年の原画展の案内はこちら

ぶらぶら

たつの市にある明治時代から続いている本屋「伏見屋」へ行きたくてドライブ
「赤とんぼ」の作詞で知られる三木露風も通ったといわれる本屋
残念cry-baby
本日閉店!
あ~入りたかったよ~
硝子戸の外から無理やり写真を撮ってきた
2008_1123_131541-DSC05602.jpg
        husimiya.jpg

ちょうど「オータムフェア」というイベントがあり
レトロな城下町をぶらぶら歩いてきた  2008_1123_130131-DSC05596.jpg               

  なつかしい給食



2008_1123_124353-DSC05591.jpg
   立ち寄った喫茶店のメニューはなんとコーヒーと
   にゅうめんのみ
    さすが揖保の糸
   おいしかったけれどね



古い街並みが残りとても落ち着いた町でした

光の帝国

hikarinoteikoku.jpg

    常野物語(とこのものがたり)
    恩田 陸
    集英社 (1997/10)



にゃんちゃんのサイトで紹介されていました
題名から想像して「宇宙SFかな」とか思ってたのは大外れ
ノスタルジイあふれる短編10編
それぞれとてもおもしろく読みました
別々のお話だと思ってるとかかわりがあって
まだまだ新しい展開があるのでしょう
不思議な能力を持つ彼ら
続きが気になります
恩田陸さん これからも読みたいな
くわしくはこちら

団塊世代の二万二千日

dannkai.jpg
    ーあの日、あなたは、ここにいたー
    江波戸 哲夫 著
    リベラルタイム出版社 (2008年1月)




ノンフィクションをほとんど読まないのに
表紙の給食のコッペパンにかぶりつく男の子の写真にすいよせられた(笑)
裏表紙の屋台で飲むオジサンたちの背中がいとしい
誕生から還暦まで 確かに「自分はここにいた」という本でした
あまりにもエネルギシュで団塊の世代は嫌われているそうな
とにかく人間にもみくちゃになりながら駈けぬけてきた私たちの世代
どんなゴールを目指すのかな~

くわしくはこちら

スリッパ

週に一度食料品とか日用品とか宅配をお願いしている
先日買った「モップスリッパ(冬バージョン)」
宅配の方「それちょこちょこ売れてますけどきれいになりますか?」
K「う~ん。気持ちだけ。見てください。」
廊下を指さす
・・・・・・・・・・・・・・・・・でも
「ありがとうございました!」
にこやかな笑顔だけ残されてお帰りになりました
surippa_20081026090756.jpg
履き心地はいいですよ~絵文字名を入力してください
お掃除はきちんとやりませうのほほんb

おでんおんせん

oden_20081118110417.jpg
    山田ゆみ子 さく
    こどものとも年中向き
    福音館書店 (2003年02月)

とても単純なストーリー
絵もなつかしい感じがします
こしょうやケチャップや・・・
おいしいおでんになるまでがたいへんです
湯気がほっこりさせてくれます
絵本ナビはこちら
おでんおんせんにいく
という絵本の方がポピュラーなようです

モーツァルトとクジラ

mozart.jpg
   出演: ジョシュ・ハートネット, ラダ・ミッチェル
   監督: ピーター・ネス
   DVD発売日: 2007/06/29




先日知人に薦められてレンタルしてきました
自閉症スペクトラムのアスペルガー症候群
その障害を抱える若者のラブストーリーです
なんとか普通になりたいと苦悩するドナルドと
このままでいいじゃないというイザベラ
心温まる映画でした
現実は厳しいけれど・・・
くわしくはこちら

ピザ

今なお飽きずに活躍中のパン焼き機LOVE
ピザ生地も!
バターロールとかより発酵がない分ものすごく簡単
しかも
おいしかったペコちゃん
外はパリパリ中はモチモチ
ありあわせのものをばらまいただけだけど
気を良くしてかぼちゃスープまでつくってしまったぞ
これはリピートだねピース
piza_20081114162114.jpg

死神の精度

sinigami.jpg
   伊坂 幸太郎
   文藝春秋 (2005/6)





これも友人に勧められて読みました
最初は「死神なんて~」とか思っていたけれど
若い世代に人気の作家だそうです
おもしろかった!とっても
短編が別々ではなくうまくリンクしてて読み終わった時「わおー」って言ってしまいました
「死ぬことは怖いけれど愛する人が死ぬ方がこわい」
登場人物の会話になかなかアジがあるんです

くわしくはこちら


うんち したのは だれよ!

unnti.jpg
    ヴェルナー・ホルツヴァルト 文
    ヴォルフ・エールブルッフ  絵
    関口 裕昭  訳


世界中で愛されているそうです
ドイツの作家とイラストレーターによる愉快な絵本です
くりかえしのストーリーはワクワクさせますし
絵がなんともゆかい
頭にうんちを落とされたもぐら君のしかえしとは?
いろいろな動物のたくさんのうんちが表情豊かに描かれています
絵本ナビはこちら

ボランティア

晴れ渡った秋空
ボランティアしてる施設への道
落ち葉がはらはらと
車を止めてしばらくぼーわほー

miti.jpg


販売用のクリスマスグッズのラッピングのお手伝い
kurisumasu.jpg

手より口ばかり動いているけれど それもO.K.
わいわいやってるとすぐに時間が過ぎてしまうkじゃfg
澄んだ空気と仲間にありがとう

LAST

last.jpg
   石田衣良
    講談社(2005/8) 講談社文庫






石田衣良ファンの友人に勧められて読みました
崖っぷちのどんづまり
それぞれのラストをえがいた重くてつらい短編7編です
でもひきつけられてしまいます
息つく間もなく読んでしまいました
うわ~って思いながら
ほっとさせてくれるものもあったけれど

ホームレスとかサラ金地獄とかと無縁だから読めるのでしょう
毎日のくらしが なんてしあわせ
昨夜のお布団はあったかかった

くわしくはこちら

わたしのもみじ

watasinomomizi.jpg
    シリーズ (自然・いのち・ひと)
    岩間 史朗
    ポプラ社 (2001/11)




写真家 岩間 史朗さんの10年だそうです
1本のもみじとふれあって
なんという繊細さ 大きさ 力強さ そして美しさ
命がみなぎっています

近くの公園でも街路樹でもいいんだよね
「わたしの木」って決めてしまえば

くわしくはこちら

わび・さび

玄関がさびしい
ハローウィン終わったしクリスマスにはまだちょっと
jumee☆Autumn11月はわび・さび
(いいかげんなこと言って千利休さんごめんなさい)
しまいこんでいたお香なんぞを出してきた

かわいいお花が並ぶ花屋さんで
K「なんか秋のうらわびしい ものがなしい しょぼくれたような花ありますか?」
店員さん「いや~そういうのはちょっと・・・」
ほとんど無視されたので自分で選んできた
2008_1109_125553-DSC05571.jpg
カットもせずに放りこんだ
コーンと名前忘れたカラフルではない花
来月はこれでクリスマスアレンジだグー!

月光仮面

gekkou.jpg
    魔人の爪 復刻版
    川内 康範
    ブックマン社 (2008/03)




テレビにかじりついてみていた「月光仮面」
最初はご近所の家で
自転車に乗って友達と出かけたトイレの臭いのする映画館
まさにヒーローだった
風呂敷をくくりつけタオルを顔に巻いて男の子はみんな月光仮面だった
歌は今でも歌える
その原作が今読むとかなしいほどにつまらない
まあ時代なのでしょう

森進一の「おふくろさん」騒動で有名になり逝ってしまわれた川内 康範さん
テーマは「憎むな、殺すな、赦しましょう」だったのですね
・・・・・・・・・

くわしくは<u>こちら


パソコン

三度壊れたパソコンぐあっ
何が何やら私には理解不可能
娘が長時間悪戦苦闘していましたが・・・
結局新しい物と取り換えることになりました
また最初から(娘がだけど)
でもでも
またぜ~んぶ消えちゃったよ~うぁぁん
あれほどバックアップとろうと思ってたのに
その間もなく
天罰か髑髏
このブログをみてくださっているごきとくな皆様
アドレスなくしてしまったかよりんにメール頂けたら好き好きです
毎度お騒がせして申し訳ありませぬ
今度こそバックアップを無言、汗

駐車場

近所の駐車場
その看板です

pa-kinngu_20081104173152.jpg

こちいりさんし
このちゅっしゃしょっの
なかこよいって
あてんてはいりよせん


これどころではありません
またやってしまいました
パソコン壊れ
娘のをかりてかいてます
メール届きませんのでよろしくお願い申し上げます
見捨てないで~




あくび

akubi.jpg
   中川 ひろたか 文
   飯野 和好    絵
   文溪堂 (1999/09)




あくびがうつります
きもちよくなんども大あくびしました
多才な中川ひろたかさんの愉快な絵本です
誰に気兼ねなく大あくびしてなみだ目
いいですよね
なんともダイナミックでユニークな絵
ふわ~
絵本ナビはこちら

ごみ

最近ごみのことばっかり苦笑い
プラスティックゴミを分別して出すようになって驚き
ものすごい量
これを全部「燃えるゴミ」として出していたんだなあびっくり
2週間に一度45リットルのごみ入れがいっぱいになる
gomi.jpg
でも「燃えるごみ」は週に2度だけど15リットルの袋で充分になったよk-4

したこんなところでなんですが
筑紫哲也さん大好きでした
おっしゃってることがまっとうで・・・
心よりご冥福をお祈りいたします
ゴミ箱の写真の下で申し訳ございません

がらくた

garakuta.jpg
   江國香織
   新潮社 (2007/05)





映画「間宮兄弟」がとてもよかったので江國香織さんの著作を読んでみた
大人の恋愛小説は今の私とは距離がありすぎ、螯rヲW、J、O
二人の個性的な女性が交互に語っていくという手法にひきこまれて
ぐんぐん読んだ
作者の意図はともかく題名から感じた内容とはかなり違っていたけれど
久しぶりに所謂「恋愛小説」を読んだかな
プーケット、プライベートビーチ あ~あ沈黙
くわしくはこちら

こちらは雨の朝です 


とんがりぼうしのクロチルダ

kurotiruda.jpg
    エヴァ・モンタナーリ 作
    井辻 朱美       訳
    光村教育図書 (2008/03)




イタリアで人気のイラストレーターだそうです
まじょとようせいの絵にひきつけられます
夜空の星と風といっしょに
ブランコにゆられているような
とても印象にのこる絵です
クロチルダごっこ はてなんでしょう?
絵本ナビはこちら

スイス

友人が8月末にスイス旅行をして来た飛行機
すぐお土産を送ってもらった
suisu.jpg
昨日はそのお土産話をおしゃれなカフェで
アルバムまで持って来てくれて
あ~やっぱり山がきれい
いいなあスイス
前に写ってるおばさんも10歳は若く見えたよ

地下街をうろうろしてマスカラとアイライナーをお揃いで買った
今度はお目めばっちりメイクで出会おうとチュッ
二人ともそういうのほとんどつけないのよね



パン

ほしかったパン焼き器をGET絵文字名を入力してください
バザーで信じられないお安い価格で
朝パンの焼ける香りで目が覚めるおんぷ
うお~!なんてシアワセ
panyaki.jpg

家族はいつ飽きるかと
そんな気もするが でも今のところ楽しくって
うまくセットできてなくって真夜中に地震と間違えたり 金具の羽が入ったパンが焼けたり><
でもロールパン・さつまいもパン・紅茶パン・コーヒーパン・かぼちゃパン・レーズンパン食パン
いろいろ作ったよ
食べすぎだあ

都会のトム&ソーヤ

はやみね かおる
講談社
tomuso-ya.jpg
(1) (YA!ENTERTAINMENT) 2003年3月
tomu.jpg




(2)乱!RUN!ラン! YA! ENTERTAINMENT 2004年7月


とても気楽に読める愉快な本です
中学生の男の子二人の冒険物語
謎のゲーム作者「栗井栄太」とのたたかいがワクワクさせてくれます
ひまつぶしだけではもったいない本です
現在6巻まで発売されています
くわしくはこちら

ゆく河の流れは絶えずして

yukukawa.jpg
   声にだすことばえほん
   鴨 長明   文
   軽部 武宏  絵
   齋藤 孝   編
    ほるぷ出版 (2007/09)


声を出して本を読むのは本当に久しぶり
美しいです!日本語
滑舌が悪くなってるとの娘の指摘ですが
本人はいたって気持ちよく読みました
古文大好き少女でした
(テストのためではなく味わえたらどんなにいいでしょうねぇ~)
こんな絵本が出版されているのですね
お子さんたちには読まれているのでしょうか
くわしくはこちら
このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ