LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

感謝状

いよいよ大晦日
ごくごく少数のご奇特なみなさま
お越し下さり本当にありがとうございました
コメントいただいた方にはもう感謝感謝です
また来年もマイペースで楽しませていただきます
どうぞよいお年をお迎えくださいませ
kannsayjyou.jpg
いつものようにクリックして大きくしてごらんくださいね

ザ・マジックアワー

ソウル ケイジ

soulcage.jpg
   誉田 哲也
   光文社 (2007/3)





どこかのブログで紹介されてたんだと思う(忘れた汗とか
いろんな作品を出されている誉田 哲也(ホンダテツヤ)さん
図書館で予約してて初めて読んだ
韓国の刑事ものかと汗とか
Soul Cageだった
刑事ものにはかわりなかったけれど
おもしろかった
キャラがくっきりしてて
ちょっと残酷な描写もあったけれど

おとうさんはカナシイね

くわしくはこちら

しかし年末にこんなことしてていいのか 主婦汗とか

ゆめみとぷりん

yumemi.jpg
  こどものとも 年中向き
  らる・いしはら さく
  福音館書店 (2003年12月)


「はめ込み切り絵」という技法でつくられた絵本です
線がくっきりとしていてそれが幻想的な森の雰囲気をよくあらわしています
黒い線が特に印象的です
残念ながら絶版になっています
絵本ナビはこちら

湯たんぽ

さすがに寒くなってきましたjumee☆winter
そんな夜はゆたんぽ
yutanpo.jpg

お布団ほかほか
あ~しあわせにっこり

子供の頃、朝このお湯で顔を洗っていました
暖房もあまりない湯沸かし器など思いもよらない昭和20年代のはなし
母のことを思い出すゆたんぽですにっこり

ねこガム

nekogamu.jpg
   きむらよしお 作
   福音館書店 (2005年1月)
    こどものとも 年少版




ふうせんガムをふくらます
それだけの絵本です
でもその表情が!
おもわずふきだしてしまいます
小さな子たちとどんなお話がはずむのでしょうか
残念ながら絶版になっています
絵本ナビはこちら

一夢庵風流記

itimuan.jpg
   隆慶一郎 著
   読売新聞社(1989年)





久しぶりに読んだ時代物
戦国末期の実在した武将、前田慶次郎(前田利家の甥)
全く知らなかったけれどなかなかおもしろい人物です
漫画化もされているみたい
強くてやさしくって権力を欲しないなかなかの人
歴史に埋もれているのは常に「負ける側」に属していたからだそうだ
くわしくはこちら

我が家にはサンタさん来てくれなかった、螯rヲW、J、O
ケーキも食べなかった無表情
メリークリスマスグスン

バザー

今年最後のボランティア
バザーのお手伝い
お天気でよかったぁ

地元の高校生が中国の獅子舞を披露
全員女生徒とはすごい
2008_1223_121510-DSC05694_20081223194150.jpg

前日の夕方銀行から電話
バザーのために両替をして50円玉一包み2500円
一万円を入れておつり取り忘れていたらしい汗・木崎
次の人が正直な方でよかった
電話があるまで全く気付いていなかったんだもん絵文字名を入力してください

さむがりやのサンタ

samugari.jpg
   世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)
   レイモンド・ブリッグズ さく・え
   すがはら ひろくに   やく
   福音館書店 (1974年)



出版された時イメージをくずす愉快なサンタにニタニタ大好きになりました
マンガを読んでいるような
イギリスらしさも改めておもしろいなと
この「ぼやきサンタ」いつ読んでもやっぱり楽しいね
サンタのなつやすみ」もほのぼのします
スノーマン」はなんかせつないね
 レイモンド・ブリッグズ はおちゃめで あったかな方なんでしょうね
絵本ナビはこちら

我が家の小さなスノーマン
suno-mann.jpg
メリークリスマスにっこり

マーブル

ドラマ

TV二つだけ見てたドラマが終わった

ブラッディ・マンディ
三浦春馬君かっこいいしなによりハッキングシーンにときめいた
少しでも知識のある人ならばかばかしいのだろうが
わけわからないおばちゃんはうっとり
あのキーボードに触れる指にほれぼれ
ペンタゴンに侵入して核つかえなくしてほしいとか妄想しきり
しかしドラマに入り込みすぎて肩凝った~!

流星の絆
主題歌が好き
出演者もよかったな
最終話
意外な犯人でおろおろしたよ

またお正月番組でつまらないなあ
本いっぱい借りてこようっとうふふ

今日は冬至
ゆずぶろだよ~!ゆず

わたしの木

図書館内乱

有川 浩
メディアワークス

nairan.jpg
  図書館内乱
  2006/9/11
      
  kiki.jpg
  
  図書館危機
  2007/02

kakumei.jpg

 図書館革命
 2007/11




いやあすごいですね!有川浩さん
まぎれもなく恋愛小説ですが 「言論の自由」を軸に
くっきりとしたキャラクターを自由に動かしてぐんぐん引き込んでくれます
「図書館戦争」から5巻
別冊2巻
けっこう分厚い本なのに飽きない
あ~おもしろかった!
くわしくはこちら

クリスマス会

友人がやっている近所の家庭文庫
ちょくちょくお邪魔させてもらいに行く
絵本いっぱいあるのがなんとも魅力

そこでのミニクリスマス会
読み聞かせとか紙芝居とか
サンタさんまで登場
bunnko.jpg

プレゼントももらっちゃった絵文字名を入力してください
(年齢制限なくわたしまで!)
かわいいねえ、ちっちゃい子
かわいい!

クリスマス・キャロル

pic_christ1.jpg
   リスベート・ツヴェルガー絵
   チャールズ・ディケンズ作
   吉田新一訳
   太平社(1989年)



ディケンズの有名なお話し
子供の頃にも「文学全集」の中で読みましたが
なんかこわかったのですが・・・

これは(絵本というには文字が多いのですが) りっぱな装丁の縦長大型絵本です
170年も昔のお話とは思えないやはり名作でしょうね

現代とても人気なある画家リスベート・ツヴェルガー
彼女の繊細なな色と線が美しく お話を堪能させてくれます

子供の頃には分からなかったイギリス風の言い回しも面白くひきこまれていました

今数ある「クリスマス本」の元祖でしょうね
すてきな絵本です

くわしくはこちら下線文

イルミネーション2

TIME FLOWS

草餅

いつまで続く「ホームベーカリー熱」
家族(含・本人)の予想に反してまだホームベーカリー使い続けていますほ~
「ばばばあちゃん」読んだことも影響してよもぎもちをつくってみました
もちろん「よもぎ粉」と「あんこ」は買って来たのですが照れる
すごく簡単
お味もバッチリよだれ
いくらでも食べられそう(カローリー気にならなければ)
kusamoti.jpg

ばばばあちゃんのおもちつき

omotituki.jpg
    さとう わきこ 作
    かがくのとも傑作集  わくわくにんげん
    福音館 (1998/09)




おなじみの「ばばばあちゃんシリーズ」
おもちつきです

なんでもありの子供たちに大人気まちがいなしのおもち!
マーブルチョコ入り!
足りなくなってご飯でごへいもちまで
こおりもちまであります

最後は楽しい雪合戦
あこがれのばあちゃんですね

絵本ナビはこちら

イルミネーション

夜のピクニック

yorupikunikku.jpg
    恩田 陸
    新潮社 (2004/7)





にゃんちゃんの紹介
ちゃんこ@さんもおススメです
高校3年にもどったみたいに楽しく読めました
青春ははるかかなたに過ぎ去ってしまったけれどね

夜を徹して80kmをただただ歩く、北高の「歩行祭」
まぶしいような愛おしいような彼らにすっかりひきこまれていました

くわしくはこちら

恩田陸さん また読みたいです

ポンテのクリスマス

ponte.jpg
   オスターグレン晴子 文
   エヴァ・エリクソン  絵
   福音館 こどものとも年少版 (2005年12月号)




著者がスウェーデンに暮らしていた頃のクリスマスの様子だそうです
「ポンテシリーズ」は大好きな絵本です
愛犬のポンテの表情がなんともかわいくって
風景と家族の自然なやさしさがミックスされていてとても魅力ある絵本です
エヴァ・エリクソンの絵がとっても雰囲気だしています

森で出会ったサンタさん
スウェーデンのサンタさんってふつうのコートなんですね!
赤い帽子はかぶってるけど

絵本ナビはこちら

サンタさん

となかいはなぜサンタのそりをひく?

tonakai.jpg
   モー・プライス 文
   アツコ・モロズミ 絵
   松野 正子 訳
   岩波書店 (1994年)



人気のコミック 「聖☆おにいさん 」に
クリスマスはサンタがトナカイの飛行に成功した日だというのがあって爆笑したが・・・
サンタのそりはトナカイって決まってるんだけどそのなぞを解いてくれる
楽しくってやさしい大型絵本です
クリスマスはゆめがいっぱい
絵本ナビはこちら

大好きな「ノンタン」の作家キヨノサチコさんの訃報
6月に亡くなっておられたとか
娘と共にたくさん楽しませていただきました
ご冥福をお祈り申し上げます

ツリー

K「ねえ、見て見て!ツリーできたよ」
娘「よっぽどしまい方悪かったんと違う?先いがんでるよ~」
K「しまい方って、これ買ってきた生花、アレンジしたとこだよ~」
娘「造花にしか見えないよ」
そう言われてみれば・・・でもスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、
ミニキャンドルでごまかそう
2008_1206_192757-DSC05646.jpg
メリークリスマス!

おおきいツリー ちいさいツリー

turi-.jpg
     ロバート・バリー さく
     光吉 夏弥 やく
     大日本図書 (2000年10月)




クリスマスの絵本はたくさんありますね
これもとっても好きなものの1冊です
もとは2色刷りの児童書だったのを作者が彩色して絵本にしたそうです
かわいいです!このペン描きのイラスト
マンガティックで
定番のサンタさんは登場しませんが
大きなクリスマスツリーの先がどんどんリレーされていきワクワク楽しませてくれます
絵本ナビはこちら

コラーゲン

急に風が冷たくなっていよいよクリスマスへ突入クリスマスツリー(´ε`)ノ赤い飾り(背景付き)
でも
どこへも行きたくないよ~
イベントもないよ~
おさそいもないよ~

こんな日は「おうちおなべ」料理
娘がお友達にきいたとかでコラーゲン鍋なるものに初挑戦
といってもいつもの材料放り込むだけだけど
2008_1206_173531-DSC05643.jpg
あったまっておいしかったよ

今朝起きると
ほっぺや手ががすべすべと思うのはやはり気のせいでしょうか笑

きのう何食べた?2

よしながふみ
モーニングKC
講談社 (2008/11)
2008_1205_174850-DSC05642.jpg
noaさんが紹介しておられました
いろいろつくりましたよ
・厚揚げのみそはさみ焼き
 (簡単かんたん!生姜醤油で食べました)
・ブリ大根
 (筧さんと同じくブリの特価にときめいて買ってきました)
・白菜のゆずびたし
 (ものすごくかんたんでものすごくおいしかったです)
・切り干し大根
・ポテトサラダ
 以前から知っているメニューばかりですがポイントアドバイスがなかなかグ~です
 まだまだつくりま~す
ってレシピ本じゃないんだけどね
くわしくはこちら

石山寺

ボランティアご苦労さまということでバス旅行バス
源氏物語で名高い(かな?)滋賀県の石山寺
あたたかいいいお天気
紅葉もまだ見ごろでラッキーピース
メンバーの一人がお寺の方とお友達で本堂の中まで案内して頂きましたisiyama1.jpg
          isiyama2.jpg

宇治の「源氏物語ミュージアム」へも寄ってきました

小さなバスで和気あいあい
クイズあり、ゲームあり、おしゃべりありの楽しいひとときでした
お昼の「しじみごはん会席」はなかなかおんぷ
湯葉が絶品うわぁ・・・2でした

源氏物語は難しいからというのでマンガを買い見せてあげることにしましました
よくこんなにまとめたなあと感心しきりです
2008_1204_205450-DSC05637.jpg

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

a-nya.jpg

    米原 万里
    角川書店 (2001/07)




ボランティアの仲間に薦められて読みました
東欧と呼んでいる国々や民族のこと全く知らない私
同世代の作者がプラハのソビエト学校で過ごした刺激的な小中時代
さまざまな歴史・宗教・イデオロギーそして家族によって
変動を余儀なくされた少女3人
フィクションでないためと 作者の力量もあって
彼女たちの生きざまがダイナミックに伝わってきます
国際感覚ゼロの私でもすんなり読め そしてとても刺激になりました

若くして亡くなってしまわれた米原 万里さん、本当に残念です

くわしくはこちら



このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ