LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

あ・し・あ・と

asiato.jpg
    尾崎美紀 文
    大西ひろみ 絵
    汐文社(1996/10)




尾崎美紀さんにはまっています(笑
これは教科書にも載ったようです
だいすけ君とやさしいきょうりゅうフクイリュウ君のお話し
ふしぎな懐かしさが本を閉じた後も広がります
ふと立ち止まる大人の感傷でしょうか
「あしあと」ではなく「あ・し・あ・と」
なぜかなあ

絵本ナビはこちら

年金

還暦を越え年金のこととかきちんとしなければ!
書類提出があって「年金特別便」のコピーを送った
返事は「年金特別便は証明になりません」
そうなんだ~
公的な証明にもならないものをすっごい税金使って送ってるんだぁ
なんかへんだよ、この国ハアー
しょーがないから社会保険事務所へ
syakaihoken.jpg

相変わらず混んでたよ2

平台がおまちかね

hiradai.jpg

   創元クライム・クラブ
   大崎梢
   東京創元社 (2008/06)



これも心に残る本で紹介されていました
出版社の営業のお話
知らない世界でとても興味深かったです
本屋さんのことや出版社のイベントのことなどおもしろくて一気に読みました
小さな書店のご苦労も・・・
私のように図書館で借りてばかりの人はダメですね
ごめんなさい、創元社さん、大崎梢さん

くわしくはこちら

まろ、ん?

maron.jpg
   大掴源氏物語
   小泉 吉宏
   幻冬舎 (2002/01)




心に残る本」で紹介されていました
こんなゆかいな「源氏物語」はじめて~
漫画仕立てでものすごくわかりやすく楽しかった
他のマンガのあの現代風の顔にどうしてもなじめなかったから
光が「まろ」栗顔がいい
頭中将系はソラマメ(かな)顔
女性はしもぶくれの美女
官位もわかりやすく着物などの時代考証も確かなよう
いいわあぁ この本
和歌も読みすごしていた面白いのがどっさり
いろんな場面で爆笑してしまった

くわしくはこちら

ぶたのチェリーのおはなし

年賀状

お年玉付年賀はがきの当選番号が発表されましたキラキラ イエロー
Wiiがほしかったんだけど例年通り切手シート
今年は3枚
まあこんなもんだわアイコン名を入力してください
nengajyo.jpg

昔 小学6年生で担任した子(もう子ではないんだけど)からの年賀状
両脇にそっくりの息子さんと一緒の写真
その下には
「母校○○小学校のPTA会長をさせていただいております(大笑い)」と
爆笑大笑いさせていただきました
だって腕白過ぎた彼に何度泣かされたことか
でも まっすぐで愉快な少年でした
がんばってね!智嗣君!

ふるさとをください

あたしのいもうとちゃん

atasinoimouto.jpg
   尾崎美紀 作
    尾崎 曜子  絵
   ひさかたチャイルド (1997年)




認知症になってしまったおばあちゃん
孫のふうちゃんは・・・
どこにでも起こりそうな深刻な題材
幼い子供の目線であたたかく語られます

絵本ナビはこちら

実はこの作者って同学年!
学校は違ってたけどちょっと文通したりして
ものすごくかわいい目のキラキラしたオーラのある高校生でした
姓がかわっておられるので全く知らなかった
先日作者と同じ高校の友人に教えてもらって早速読んでみたのです
すごいなあ!美紀さん
彼女はすっかり忘れておられるでしょうが


ねずみくんのプレゼント

nezumikun.jpg
   作: なかえ よしを
   絵: 上野 紀子
   ポプラ社 (2004/7)




今人気の「ねずみくんシリーズ」
Web絵本も楽しいです
HPはこちら
お誕生日のプレゼント
おおきなおおきなふうせん・・・
あったかいセカイイチとのコラボはこちら(音声あり)
絵本ナビはこちら

「こちら」ばかりでごめんなさい

アラカン

一つちがいの友人に教えてもらった
アラカン
「鞍馬天狗の嵐寛寿郎?」と声に出し
「やっぱり古~」と笑われた
昨年の流行語だった『アラフォー』のむこうをはって「アラウンド・還暦」
今頃知るのもすでに古いのかもなみだ
体がいろんな危険信号を出し始めたけれどまだなんとか元気
そんな「あらかん」はどこを目指すんでしょうgoal02

春といえばチューリップ
(保育園児以下ぴよっ
でもやっぱりかわいい
tyu-pippu.jpg

あしにょきにょき

asinyoki.jpg
    深見 春夫 作・絵
     岩崎書店 (1980/01)





にゃんちゃんが紹介しておられました
インパクトのあるお話と絵です
すっごい美しいとか感動するとかではないのに
ぐんぐんのびる足にひきつけられます
おとこのひとのトランクが気になります

小さなお子さんの読み聞かせにも好評のようです

絵本ナビはこちら



詩とファンタジー

sifantazi.jpg
   冬帽号(2009年3月号)
   やなせたかし 責任編集
   かまくら春秋社; 季刊版 (2009/1/19)




この号もすてきな詩とイラスト
いつも楽しみにしてるけど
むすめのイラストが入選したのがうれしい
とってもうれしい
やなせたかし様ありがとうございました
(様になってる絵文字名を入力してくださいし)

くわしくはこちら

おしゃべり

お正月出会えなかった「福袋の相棒」とデイト
GETした物を全部身につけて見せびらかしたニコちゃん
彼女が着て来たおNEWのチュニック
同じ物がその辺りのショップにうんとお安く売っていて大ショック泣き

彼女の友達も一緒にランチ(一人は旧知)
おばちゃん4人はかしましいねグー!
おしゃべりに夢中で写真撮るのも忘れてた

zoomzoom002東経135°子午線
帰りの高速
車がビュンビュン通るのでうまく撮れなかったけどね汗とか
sigosen.jpg


そろばん

涼宮ハルヒの憂鬱

haruhi.jpg
  角川スニーカー文庫
  谷川 流  著
  いとう のいぢ イラスト
  角川書店 (2003/06)



字が小さいねえなんて・・・
老眼鏡で読む人もめったにいないわねえ
いわゆる「萌えキャラ」だそうでコミック・アニメ・グッズ
今すごい人気らしい
かわいくっておもしろかったよ
くわしくはこちら

阪神淡路大震災の日
ライトノベル読んでる神戸のおばちゃんがいます
1月17日は憂鬱です

バベル

一昨年菊地凛子がアカデミー賞にノミネートされた時どんな映画かなあって思ってた
「わけわからん」という声もあり忘れてた
レンタル屋さんでウロウロしてて借りてみた
babel.jpg
映画の公式サイトはこちら(音声あり)

全く違う地域での出来事がリンクされててうまいなあって
飽きさせない
同じ時代に生きているのに全く違う
でも旧約聖書の「バベル」に期待しすぎてたかな
まあなるほどと
菊地凛子も期待しすぎてたかな
アメリカンのえがく日本にはやはり違和感はあるね

コーギビルのゆうかい事件

ko-gibiru.jpg
   ターシャ テューダー 絵・文
   食野 雅子 訳
   メディアファクトリー (2001/05)


昨年6月亡くなられたターシャ テューダー さん
彼女のスローライフはなんともみごと
絵本作家としてはもちろん庭も人形も料理もすべてプロ
肩いからせてするのではなく人嫌いでもなく
ただご自分の暮らしを愛し手抜きとは無縁で一生を終えられたようです

彼女の一番の友人コーギ犬が大活躍の愉快なお話し
大人が動物たちのいきいきした表情をたのしむ絵本でしょうか
大好きだったという1830年代の村
ひきこまれずにはおれません

くわしくはこちら

パン 

しつこくパンです絵文字名を入力してください
(他のものもつくってはいますスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、

yomogipan.jpg
   よもぎパン
   鮮やかな緑(どぎついとの声あり)
   焼けてる時のいい香り
   もうシアワセ~

でもにがかった号泣
ジャムを付けて食べた
(たぶん分量を間違えたんだと思う)

be-guru.jpg
  次に作ったベーグルは大成功ニコリ^^



しかし 
二日続けてペシャンコのパンができてしまった´_`
やっぱ業務スーパーの安い粉はあかんねえ
はっ
薄力粉じゃん
ごめんなさい
業務スーパーさんjumee☆faceA76

精霊の守り人

偕成社ワンダーランド
上橋 菜穂子 作
二木 真希子 絵
偕成社 (1996/07)
mamori1seirei.jpg
  精霊の守り人(1996/07)

mamori2yami.jpg
  闇の守り人(1999/01)

mamori3.jpg
  夢の守り人(2000/05)






コミックになりアニメ化もされています
まだまだ続きを読むつもり(たいへんだああ)
バルサ かっこいいんだもん
30代女性というのがツボ
作者のメッセージはこちら

どんど焼き

ランプ

ぼたん雪が降る中出かけた
yukikouen.jpg
ちょっと距離があったけれど歩いて

akari.jpg
 「あかり展」
 ごくごく小さな会場
 知り合いの方も出品していた
 手づくりのランプ

 物作りが全くできない私には「すごいねえ~」と言うばかり
 何かをつくりだせたら楽しいだろうなぁ

ふゆめがっしょうだん

huyume.jpg
   かがくのとも傑作集
   冨成 忠夫, 茂木 透  写真
   長 新太  文
   福音館書店 (1990/01)




木の芽っておもしろいんだね
いろんな顔に見えるんだね
なにも気付かずに通り過ぎてる冬の木たち
春を待ってる木たち
今までまったく知らなかったよ

長 新太さんの文がリズミカルでどんどんページをめくりたくなる

絵本ナビはこちら

ろくべえまってろよ

rokube.jpg
   灰谷 健次郎 作
   長 新太  絵
   文研出版 (1975年)




以前教科書にもあったおはなしです
大好きなんです
長編を書かれていた灰谷健次郎さんの最初の絵本でしょうか
長 新太さんの絵がなんともユーモラス
一生懸命な子供たちがかわいい
考えに考えぬいたアイディアには大拍手

ずっと増刷されているのがうれしいです

絵本ナビはこちら

西行物語

saigyou.jpg

   新訳 がんばらないで自由に生きる
   宮下隆二 訳
   PHP研究所 (2008/12)



娘のサイトにコメント下さってた方の著書
さっそく購入しました

西行というのは
「ええとこのボンボンで妻子を捨てて出家してあちこち旅して和歌詠んで
桜の下で死んだおっちゃん」
というイメージでした

時代の本流に乗れたかもしれない生き方を選ばず
こんなにも自由に生きた人なんだなあ
とあらためて思いました
カバーに「旅する、詠む、恋するーーそして死ぬ」とあります
激しく自分を律しそれでいて自由で
すごいなあと

訳者の切り口がおもしろく 解説もわかりやすく すいすい読みました
とても身近に感じましたよ、西行さん
歌もなんともみごとです
でも 残された妻子も出家して・・・う~~~~ん

くわしくはこちら

黄八丈

着物が好きだった母晴れ着
生地を選び染めを決め 仕立てていた母
自分のものを後回しにしてやりくりしながら増やしていた

もう私が着る機会はない
娘も興味がない

先日気まぐれで着ることに
やっと日のめを見て母も喜んでいるだろう
kimono.jpg
さあ片付けをと
一目一目に母の気持ちがまだこもっているよう
縫い目をそっとなぞった

でもどうしよう 箪笥の中の着物たち悲しい

エセルとアーネスト

eseru.jpg
  ほんとうの物語
   レイモンド・ブリッグズ 作 
   さくまゆみこ 訳
   小学館 (2007/12/10)




「さむがりやのサンタ」「スノーマン」の著者 レイモンド・ブリッグズの絵本です
こまわりが小さいのでマンガのようです
両親の出会いから亡くなるまで
第2次世界大戦をこえての半生が淡々と描かれています
ごくごくふつうの二人
彼らの人生を愛情とユーモアと風刺もちりばめて
1971年にお二人とも亡くなっておられるのですね
74歳の著者の想いが伝わってきます
ほわっとやさしい気持ちで本を閉じました

くわしくはこちら

シチューフォンデュ

ブログ友達のちゃんこ@さんのところで紹介しておられた
格調高いかめ代さんのブログ
そのレシピに挑戦
まねっこしたのですがかよりん風の粗雑なものになりました絵文字名を入力してください
onndyu.jpg

でもお味はなかなかグーでしたよ
チーズフォンデュみたいにアルコールランプでことことかきまわさなくていいので
手間いらず
一度にドパーとできてしまうし

去年パン作りに目覚めましたが今回は大きなフランスパン買ってきました
やっぱプロのはおいし~

でもほとんど毎日焼いていますきゃー

西の魔女が死んだ

福袋

お正月2日は福袋DAY福袋( ゚3゚)ノ(暗い背景用)†SbWebs†
hukuukuro.jpg

   去年は行けなかった
   今年もいつもの相棒が都合が悪く
   でも思い切って一人で行ってきたよ
   デパートのまわりぐるっと行列
   それでもお目当てのものは買えなかった><

hulubukuro2.jpg
  私のと娘のとGET
  お土産はミニ鯛焼き



気持よく出してくれる家族にお昼のお弁当を用意
懐石風に盛り付け、おすましとデザートも

ルンルンで帰宅したら
ご飯が炊けていなかったとorz

K「ごめんね~タイマーかけてたはずなんだけど・・・」
おっと「いや~いつものことや」

誰もあわてず騒がず 日頃の鍛錬のたまものです焦る2
スミマセンじーっ

仔牛の春

kousinoharu.jpg
   五味 太郎
    偕成社 (1999/01)





仔牛の成長の1年です
五味 太郎 ワールド
仔牛が四季そのものです
あたたかい目指しと成長の喜びが画面にあふれています
絵本ナビはこちら

丑年がいい年でありますように
丑年生まれの人は粘り強くて誠実なんですって


このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ