LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

エネルギー

enerugi.jpg
  池内了 文
  スズキコージ絵
   福音館書店; 月刊版 (2011/5/2)
    (たくさんのふしぎ 2011年6月号)







〈 お湯をわかす。電気をつける。物を持ち上げる……。
そんなとき「エネルギーをつかう」といいますが、エネルギーってなんでしょう?
エネルギーは見えないけれど、エネルギーが「していること」は見えます。
いろいろな形であらわれるエネルギーの源をたどっていくと、そこには宇宙のはじまりが……。
科学の思考方法を平易に説く池内了さんの文章を、スズキコージさんのエネルギッシュな絵が彩ります。〉

noaさんのご紹介

紙面にエネルギーがあふれています(笑
すごいです
そして うん なるほどと思わせてくれる的確な文

大人にも子供にも訴える絵本です

出版社からはこちら

≪ エコエコと ひびきわたって 暑苦し ≫

メロディ・フェア

merodhi.jpg
宮下 奈都
ポプラ社 (2011/1/14)










〈 大学を卒業した私は、田舎に戻り「ひとをきれいにする仕事」を選んだ―。
注目の著者が、まっすぐに生きる女の子を描く、確かな“しあわせ”の物語。 〉

牛くんの母さんお薦めです

メロディ・フェアって読み終えてから気付きました
あっ「小さな恋のメロディ」の主題歌だあって
耳になじんでました

音楽の話ではないのです
舞台はショッピングモールの化粧品売り場
イントネーションは分からないけれど会話の福井弁がいいな~

宮下 奈都さん、等身大の若い女性がさわやかに描かれていて好きです
これもさ~っと後味良く読みました
お化粧あまりしないけど でも共感できます

出版社からはこちら

≪ 紅をひく 新たな自分を つくるため ≫

ポテト・スープが大好きな猫

potetosu-pu.jpg
 テリー・ ファリッシュ 作
 バリー・ ルーツ  絵
  村上 春樹  訳
 講談社 (2005/11/29)




〈 テキサスに生まれ、そこで育ったおじいさんの下には、お気に入りの1匹の雌猫がいる。
その猫の好物は、おじいさんが作ってくれるポテト・スープ。
でも、お互いにそんなそぶりはほとんど見せず…。村上春樹が訳した絵本。〉

できれば寒い時期に読みたかったかな(笑
ほっこりあたたまる絵本です
おじいさんもばあさんねこもかなりへんこつ者
それがなんともユーモラスでじんわり心を包んでくれるのです

アメリカで村上春樹さんがみつけた本だとか
テキサス訛りが訳せなくて残念と「あとがき」に書いておられました
絵も自然体でゆったりとテキサスの田舎と湖に連れて行ってくれます

文庫本も出版されています

絵本ナビはこちら

≪ 目をそらせ ポテトスープを のむ二人 ≫  

10センチの空

senntisora.jpg
  浅暮 三文
  徳間書店 (2003/12)










≪ 2003年度日本推理作家協会賞受賞作家が贈る青春ファンタジー、書下し。
ほんの少しだけ、空を飛べる能力―あなたにも、さしあげます。≫

え~なんかこの青年いいのかしら?
なんて読み始めました
でもよかった!です
ラストも

ラジオから流れる曲もディスクジョッキーもいいな

ふわっとゆったり浮かんでるような そんな気持ちで本を閉じました
小さな薄い本ですが

2010年文庫化されています

三省堂中学2年の国語教科書に載ったことで教えてもらいました

くわしくはこちら

≪ 大人への 道にいつしか 忘れ物 ≫

ヨーグルト よーぐると

ネット注文数量間違えたらしく
プレーンヨーグルト450gを4つも買ってしまった
ヨーグルトパン焼いて その上にヨーグルトをたっぷりのせてトーストとか

でも賞味期限もあるし
そうだ
ヨーグルトケーキを作ろう と

レシピを見ながらハンドミキサーでクリームチーズをぐるぐる
うん?!
生クリームと間違えてた
あわてて買ってきた生クリームもぐるぐる
分量もめちゃくちゃ
こわごわ食べたけど
まあそれなりに美味しかった ぞ
yo-guruto.jpg

≪ 冷蔵庫 しばらく置かない ヨーグルト ≫

きのうの夜、おとうさんがおそく帰った、そのわけは…

otousan.jpg
市川 宣子  作
はた こうしろう  絵
ひさかたチャイルド (2010/04)





〈 あっくんのおとうさんは、なかなか帰ってこない日があります。
そんな夜、おとうさんはどこでなにをしているのでしょう?
おとうさんが息子に語る、四季折々の不思議な不思議な夜の物語。〉

こんなユーモアたっぷりのほらを幼い息子に聞かせてあげられるお父さん
なんてすてきでしょう!
サラリーマンのおとうさん、大冒険です
現実のあっくんとの暮らしのイラスト、あったかでほっこりさせてくれます

今日は「父の日」
ぴったり!です(逆かな)

絵本ナビはこちら


≪ 明日また お話してね 遊んでね ≫

乙嫁語り(3)

otoyomegatari.jpg
森 薫
(ビームコミックス)
エンターブレイン (2011/6/15)





〈 同作品は、中央ユーラシアに暮らす遊牧民と定住民の生活が描かれた物語で、エイホン家の12歳の少年・カルルクの元に、移牧民の一族から嫁として20歳の娘・アミルが嫁いでくるというもの。
「乙嫁語り」は、『エマ』を生み出した森薫さんの作品として注目を浴びている。〉

彼女のコミックはストーリーもいいし 知らない生活文化を教えてくれる
緻密な風景描写 衣服のなど丁寧な描き方にも目を見張る
大好きだ

理不尽な婚姻制度
でも考えてみれば一昔前の日本も・・・
この巻もよかった~!!!
登場人物がみんな好き
4巻の発売が待ち遠しい

くわしくは<u>こちら

≪ 家制度 愛よりきびしく 立ち塞ぐ ≫

ちはやふる13巻もよかったです!!!

天使はモップを持って

tennsihamoppu.jpg
 
 近藤 史恵
 (ジョイ・ノベルス) [新書]
 実業之日本社 (2003/03)







< 会社内で些細だが悪意ある事件が発生。
若くてセンスある女性清掃作業員・キリコがオフィスを騒がす様々な謎をたちまちクリーンにする。
本格ミステリー全8編を収録。 >

ライトノベルでしょうか
この著者は初めて読みました
オフィスの人間関係とかおもしろかったな
ちょっとつらい出来事もありましたが 軽く読めました
書き下ろしのラストの編であ~やれやれと

文庫本も文芸春秋から

くわしくはこちら

≪ よごれたら きれいにするの くりかえし ≫

たいせつなきみ

taisetuna.jpg
  マックス・ルケード
 セルジオ・マルティネス 絵
 ホーバード・豊子 訳






< 木でできた小人たちの村では、誰もが同じことに夢中になっていた。
ほめたい人にはお星さまシールを、けなしたい人には、だめじるしシールをはること。
だめじるしばかりベタベタはられたパンチネロは、外出するのもいやになってしまう毎日。
そんな時、どちらのシールもはられていない不思議な小人ルシアに会う。
すべてのパンチネロに贈る心を癒すメッセージ。>

人からの評価でがんじがらめになっている
ありますよね
アメリカでの出版 原題は「You are Special」
そのままのあなたが尊い
現実はなかなか・・・
創造主(神)を想定しているのでしょうが もっと広く大切なものを伝えてくれます
イラストも深みがあってやさしいです

薦めてくれたUさん ありがとう!

くわしくはこちら

≪ あるがまま うけいれることの むずかしさ ≫


4才になりました 多分

ブログ誕生日です 多分
誰も覚えていませんが
年に一度 ロールケーキ専門店で これを買うのが楽しみ
高価なものでもないんですが
プリンロール
マンゴープリンまでおまけに買ってしまった

最近はちょぼちょぼしか書いていませんがまあ読書記録のつもりです
コメントは結構ですのでよかったらのぞいてやって下さいネ
purinnro-ru.jpg

≪ しょぼしょぼと 続けて四年 さあ食べよ! ≫

モルフェウスの領域

morifeusu.jpg
  海堂 尊
  角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/12)









〈 モルフェウス――眠りを司る神。未来医学探究センターに勤める涼子は、コールドスリープによって眠る少年・佐々木アツシをそう名付けた。「彼」が目覚めるとき、医学界、法曹界には様々な問題が立ちはだかる……。〉

最初涼子のあまりにも「静」の暮らしにちょっとなじめなかったけれど
どんどん惹かれていった
現実にはあり得ない「凍眠」した少年
まわりでうごめく利己的な政界・医学界の思惑
少年を守るためにとった涼子の選択がすごい!

『チーム・バチスタの栄光』でデビューした作家のシリーズ的な作品

くわしくはこちら

≪ 凍眠は 思惑だけが 渦をまく ≫

たいせつな一日

taisetunaitiniti.jpg
岸田衿子詩集 (詩と歩こう)
岸田 衿子
水内 喜久雄 選・著
古矢 一穂  絵
理論社 (2005/03)




〈 優しく導くような言葉を紡ぎ出す詩人、岸田衿子の選び抜かれた全51編。
子どもたちから大人まで、すべての人に読んでもらいたい…そんな想いをこめて贈ります。〉

どうしてこんなに透明な言葉を紡いでいかれるのでしょう
木々や草花の歌を聴けるのでしょう
自然豊かなところにお住まいだからだけではないですね
画家でいらっしゃるからでしょうか

4月に亡くなられた岸田 衿子さん
言葉を大切にされた美しい作品をたくさん残して下さいました
ありがとうございました

くわしくはこちら

≪ 澄みきった 言葉紡いで 逝った人 ≫

どうぶつしんぶん

doubutu.jpg
  岸田 衿子  谷川 俊太郎   松竹 いね子 文
  堀内 誠一  え

  福音館書店
    こどものとも(1983/03)
    日本傑作絵本シリーズ(1988/09)
    復刻版 (2000/02)





〈 発汗の辞…どうぶつびすけっとがあって、どうぶつしんぶんがないというのは、どうかんがえてもおかしい。であるからして、きょうここに「どうぶつしんぶん」をはっかんするのである。〉

〈 3人の作者が記事を書き、堀内誠一の楽しいさし絵がいっぱい入った“子どものための新聞”。
春・夏・秋・冬の4号が、それぞれ4つにたたまれてはいっています。異色の「こどものとも」です。〉

昔初めてこの本(新聞)に出会った時めんくらいました
紙面はカラフルで内容ももりだくさん、すみずみまで楽しませてくれます

先日亡くなられた岸田衿子さん 離婚した谷川俊太郎さんとこんな楽しい絵本を作られたんですね

絵本ナビはこちら

≪ からす・くま どうぶつしんぶん くばります ≫

水無月

今日から六月
早い梅雨入りで空気がしっとりしている
ジメジメだとか文句を言っててもしかたないもんね
水の恵みを頂きましょう

地震が起こした大津波
「水」の恐ろしさをまざまざと見せつけた

今月も穏やかに過ごせますように

kaerurokugatu_20110531170423.jpg
 のんびりケロ君です











kaeruroku2.jpg
 そこへなつき嬢登場
 「そんなお行儀わるいのダメよ」って
  三つ指ついてごあいさつ





≪ 雨の日は 本読む人も おおっぴら ≫

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ