LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

銀の匙 Silver Spoon 2

ginnnosazi.jpg
 荒川 弘
 小学館 (2011/12/14)
     (少年サンデーコミックス)








〈 大人気酪農青春グラフィティ第2弾・夏編! 〉

「ハガレン」よりおばちゃんにはいいかな
大好きになりました
酪農のこと「食」のこと いっぱい 知ります
楽しみながら

作者は北海道出身。二人のお子さんのバイタリティーあふれるお母さんですって
すごいなあ
これからも楽しみなコミックです

くわしくはこちら


ちはやふる(15)tihayahuru15.jpg

末次 由紀
講談社 (2011/12/13)
(BE LOVE KC)





もう15巻
アニメとともに楽しみにしているコミックです
和歌がいいよね~

くわしくはこちら

≪ 大掃除 後にまわして 読みふける ≫

メリークリスマス!

サンタさんからのプレゼントはどっさりのキャットフードとこれ
キャットランド ネコパンチ ダブル
大きい物は買わないでと強く家族から言われてたので ネ
hu-1.jpg

  ふーちゃんは 一回遊んだけれど
   (おっとが撮った貴重な写メです)



fu-3.jpg

  なっちゃんは無視
  しょーがないので 私が遊んでいます



natuki5_20111224205242.jpg
 おまけ





≪ 選んでも ネコにスルーの サンタさん ≫

ハキちゃんの「はっぴょうします」

happyousimasu.jpg
薫 くみこ さく
つちだ のぶこ  え
佼成出版社 (2006/03)
   (おはなしドロップ)




〈 1年1組では、「朝の発表」をしています。
みんなに教えてあげたいことをひとりずつ話すのです。
ハキちゃんは、みんなが「おおおっ!」というようなものを探しますが…。
楽しくって、おかしくって、びっくりなお話。 〉


一年生になりたくなる そんな楽しい本です
お話をぐっと身近に感じさせてくれる つちだ のぶこ さんの絵が いいですね

人前できちんと話すって むずかしいですもん
みんなを驚かせたいし 
おちゃめなハキちゃんは がんばったんです

絵本ナビはこちら

≪ 虫だって 宇宙の怪物 虫めがね ≫ 

峠うどん物語(上)(下)

tougeudon1.jpg
tougeudon2.jpg
重松 清
講談社 (2011/8/31)






〈 市営斎場の前に建つ、一軒のうどん屋、『峠うどん』。
暖簾をくぐるのは、命の旅立ちを見届けたひとたち――。〉

設定がすごいよね
中学二年生のよっちゃんは、祖父母が営むうどん屋『峠うどん』を手伝いながら たくさんのことを学んでいく

「命」のこと
家族、友だち、町の人たちのこと 「生きる」こと

お葬式って 深く考えさせてくれる場

やわらかい文体で あつあつのうどんのように 暖かいものを届けてくれた本でした
全ての人がかっこよかったです

出版社からはこちら

≪ 泣きながら すするうどんの あたたかさ ≫ 

帰命寺横丁の夏

kimyouzi.jpg
柏葉 幸子  作
佐竹 美保  絵
講談社 (2011/8)





〈 柏葉幸子の夏休みファンタジー、最新作! 
青い鳥文庫のHPから生まれた、柏葉幸子のファンタジー! 
となりの女の子は、なんと幽霊だった!?
 命の不思議が、ふんわり伝わる柏葉ワールドの最新作! 〉

久しぶりに 読み応えのある児童文学に出会いました
ファンタジーですが 現実の足場もしっかりしています

二部に分かれて挿入されている童話
ストーリーとからまって紡がれていくのですが その紙が淡いグレー
素敵です

表紙の向うに描かれた小さな魔女
「魔女の宅急便」の画家さんだったのですね うふふ
どの絵も 物語へいざなってくれました

ラストもふんわりと よかったです

くわしくはこちら

≪ 夏の日の 命の連鎖 帰命寺へ ≫

望月青果店

motiduki.jpg
小手鞠 るい
中央公論新社 (2011/8/25)






〈 捨ててきたはずの故郷と母、交わされた約束――停電の夜に、記憶の灯がともる。
みずみずしくて甘酸っぱい果実のような、家族の物語。 〉

母と娘
私も娘であったし、母でもあるけど 確執 う~ん
思春期の頃のあの反発はすごいものがあるけれど ね~

現在の全盲の夫と盲導犬とのアメリカでの自然いっぱいの暮らし
心地よく読んだ

いい時わるいといつも果物がそばにあるお話し

故郷岡山の温泉町 記憶がよみがえる

表紙の刺繍用の生地に刺されたいちごがいいな
一針一針に想いを込めて
それが重い時もあるんだよね

出版社からはこちら

≪ 遠い母 停電の夜 つながって ≫

くまのオットーとえほんのおうち

kumanootto-.jpg
  ケイティ クレミンソン  作
  横山 和江  訳
   岩崎書店 (2011/6)







〈 絵本のお話のなかのくま、オットーには、とくべつなひみつがある。
だれも見ていないとき、こっそり絵本から出ていくのだ。〉

新進のイギリスの絵本作家だそうです
表紙 裏表紙 見開き
すべてが楽しい

絵本っていいよ!そんな想いがこちらまで やさしい絵から伝わってきます

小さなくまのオットー
いいおうちがみつかってよかったね

「アーネスト」って「くまのアーネストおじさん」でしょうか?

わたしもまざりたいです

絵本ナビはこちら

≪ 昼と夜 絵本の仲間 違う顔 ≫ 

かばた医院のひみつ

kabataiin.jpg
中島 和子 作
秋里 信子 絵
金の星社 (2010/12)





〈 ちいさな病院で、ミユは信じられないものを目にしました。
ワクワクするようなヒミツを知ったミユは・・・
心あたたまるファンタジー!〉

小学低学年用の童話っていいのが見つかりにくいです
絵本とのはざまでしょうか

これはほんわりかわいい
楽しく読めました

出版社からはこちら

≪ ぬいぐるみ さよならする日 やがて来る ≫

Fate/Zero (1)~(6)

feito1.jpg
feito6.jpg
虚淵 玄
武内 崇・TYPE MOON イラスト
講談社  星海社文庫
(2011/ 1/12~ 6/10)




〈 あらゆる“奇跡”を叶える「聖杯」の力を巡って、七人の魔術師が七人の英霊を召喚して覇を競いあう究極の決闘劇…聖杯戦争。
大人気ゲーム『Fate/stay night』(シナリオライター/奈須きのこ)では断片的に語られるのみだった前日譚「第四次聖杯戦争」の真相のすべてが、虚淵玄の剛筆によって今語られる。〉

ゲームで人気だったそうだ
ゲームと派隔絶しているおばちゃんにはさっぱりだけれど
これは その10年前のお話し
アニメもすごいらしい

歴史上の英雄がいっぱい出てきて時間を忘れて読んだよ
自分に呆れながら

ストーリーも文もワクワク
これはアニメだと思うわ
みないけど

くわしくはこちら

≪ 歳忘れ ゲームのキャラと 駆け抜ける ≫

うんこ!

unko.jpg
サトシン  文
西村 敏雄 絵
文溪堂 (2009/12)





〈 ユーモアたっぷり。
テレビや新聞、雑誌等で大人気“おてて絵本”のサトシンと、いま一番のっている絵本作家西村敏雄のコンビが、子どもたちの一番人気「うんこ」をテーマにつくりました。
読み聞かせ“うんこ”絵本決定版。 〉

幼い子供たちの大好きな「うんこ」
このバイタリティーあふれるうんこには脱帽です

だじゃれもあふれていて楽しい読みきかせができそうですね

みんなうんち」には及びませんが これもなかなかです

絵本ナビはこちら


≪ うんこらしょ なかまさがして ふんふんふ~ん ≫

天才と発達障害

tensai.jpg
岡 南

映像思考のガウディと相貌失認のルイス・キャロル
講談社 (2010/10)
(こころライブラリー)



〈 視覚優位のアントニオ・ガウディと聴覚優位のルイス・キャロル。
彼らの認知の偏りが偉大なる「サグラダ・ファミリア聖堂」や「不思議の国のアリス」を生み出した。
発達障害の新たな可能性を探る衝撃の書 〉

人間の認知の仕方って偏りがあるんだ
こんなにもあるんだ
これって障害云々ではなくって 大なり小なり みんなあるよね

難しい問題を例をとって丁寧に説明している
へ~そうなんだ!って思うことばかり

ちょっと難しかったけれど読み応えありました

くわしくはこちら

≪ 普通とは? 際立つ個性 ふしぎ脳 ≫

花桃実桃

hanamomo.jpg
中島 京子
中央公論新社 (2011/02)






〈 40代シングル女子まさかの転機に直面す。
昭和の香り漂うアパートでへんてこな住人に面食らい来し方をふり返っては赤面。
行く末を案ずればきりもなし…
ほのぼの笑えてどこか懐かしい直木賞作家の最新小説。 〉

以前よんだ「小さいおうち」がとてもよかった
これもなんかゆるくて気楽に読んだ
40代の頃 う~ん 忘れたな(笑

アパートの大家さんになった茜
そして 住人が個性的
飽きさせません

出版社からはこちら 

≪  墓地の前 日当たり良好 応相談 ≫

イヌネコにしか心を開けない人たち

inuneko.jpg
香山 リカ
幻冬舎 (2008/01)
   (幻冬舎新書)






〈 もはやペットなしでは生きられない現代人。
いい大人がなぜ恥ずかしげもなく溺愛ぶりをさらしてしまうのか?
イヌ一匹・ネコ五匹と暮らす著者が自らのペット偏愛歴を初告白。
一億総ペット依存の心理を大解剖する。〉

えっ?!私のこと?
なんて思って読んだ
読みやすくってフムフムのところもいっぱい
ペットロスも深刻だにゃん
動物愛護活動の問題点とかも興味深かった

でも どうすればいいのかは自分で考えるしかないのでしょうね
この本では答えはないようです

くわしくはこちら

≪ イヌネコに 心開いて 穏やかに ≫

にいさん

nisan.jpg
いせ ひでこ
偕成社 (2008/03)






〈 芸術に生き、つよい絆でむすばれた兄と弟、いせひでこが魂をこめて描くゴッホとテオのものがたり 〉

ゴッホの生涯を追い続けている伊勢英子さんの絵がすごい!
その迫力 青と黄
圧倒される

できることなら原画展に行きたいな
簡潔な文に兄弟の愛と悲しみをたどる

これは大人の絵本 むしろ 画集でしょうか

絵本ナビはこちら

≪ にいさんは ぼくのすべてと 離れても ≫ 

そうはいかない

souhaikanai.jpg
佐野洋子
小学館 (2010/12)






〈 この本は、見事な「変愛小説集」だ。
といってもフィクションとエッセーの間を行ったり来たりする不思議な作品ぞろい。
これを物語エッセーと名づけることにしよう。
母と息子、母親と私、見栄っぱりの女友だち、離婚した美女、イタリアの女たらし、ニューヨークの日本人夫婦…
自らの周りにいる愛すべき変人奇人たちを、独特の文体で活写した傑作33篇。
イラストレーションも多数収録。 〉

人間ておもしろいな
佐野洋子さんのエッセイはいつもそう思わせてくれる
かなり切羽詰まった状況を描いていても読み手は暗くならない

1989年から1992年にかけて発表されたものをまとめた本だけれど
同世代の女性へのエールだね

もっともっと書いて頂きたかったです

出版社からはこちら

≪ 念じても そうはいかない チカラ抜き ≫

すごいくるま

sugoikuruma.jpg
 市原 淳
 教育画劇 (2011/06)





こどもの夢(大人もかな)が全部つまった「すごいくるま」です
もう最高なんです

運転はパパ
だからかな

イラストがやさしいタッチでほんわか楽しめます

車の好きな男の子 3才くらいからでしょうか
プレゼントにぴったり

絵本ナビはこちら

≪ ドライブは すごいくるまで どこまでも ≫

12月 師走

今日から12月
木々も真っ赤 風も急に冷たくなってきました
そんな中 のんびりドタッと暮らしています

ご近所のイエナリエがキラキラと美しいです
街ももちろん
でも出かけずに うだ~と 本読みしてます
ダメじゃん

siwasu1.jpg
 それでもちょこっとクリスマスイメージ
 しょぼいけれど ええやん

siwasu2.jpg
 なつきが手伝ってくれました


siwasu4.jpg


 元気なふみも初めてのクリスマスをむかえます





今月も 穏やかに過ごせますように

≪ 飽いたけど なんかうきうき クリスマス ≫
このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ