LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

やはり

face book

こんなしょーもないブログにお付き合い下さいましてありがとうございました
たんに読書記録になってしまいましたのでブクログだけにしようと思います
ブクログはこれからも続けますので、読書記録を見て下さる方は
お手数ですがこちらへブックマークの変更をお願いします

http://booklog.jp/users/kariy0n/

日常のことはface bookを始めることにしました
本名ご存知の方はよかったら検索してみてくださいませ
娘に教えてもらいながらしかもパソコンからですのでのんびりと


皆様のブログはいつも楽しみに拝見させて頂きます
(コメントしないでごめんなさい)

長い間お世話になりまして 本当にありがとうございました
それではひとまずさようなら

霧の王

kirinoou.jpg
  ズザンネ・ゲルドム
  遠山 明子 訳
 東京創元社 (2012/12)








〈 無数の部屋がある巨大な屋敷。メイドのサリーは、この屋敷の外の世界を知らなかった。
『はてしない物語』〈ネシャン・サーガ〉の流れに連なるドイツファンタジーの逸品。〉

読んでいる間 ずっと霧の中でした
サリーと距離があって

設定がおもしろい
とてもおもしろい
でも 人と動物がめまぐるしく入れ替わり 城が広大過ぎてついていけなかったのです
これはアニメとかで観たいなあ

ドイツのファンタジー作家としてとても期待されている著者
アニメになるといいなあ

出版社からは こちら

≪ この世界 ほころび隠し 霧の城 ≫


みどりのゆび

midoriyubi.jpg
モーリス ドリュオン 作
ジャクリーヌ・デュエーム 絵
安東 次男  訳
岩波書店; 新装版 (2002/10)




〈 裕福に暮らすチト少年.お父さんが兵器を作る人だったことを知り,驚きます.
じぶんが不思議な〈みどりのゆび〉をもっていることに気づいた少年は,町じゅうに花を咲かせます.
チトってだれ?〉

フランスの歴史小説家、政治家でもあるモーリス ドリュオン(1918 - 2009)
児童文学の古典でしょうか
岩波少年文庫は1977年に出版されています

子供向きのやさしい表現ですが大人はドキッとさせられます
犯罪、貧困、病気そして戦争
花をさかせる チト少年

ラストは美しいですが とても悲しい

彼を愛したまわりの人たちは?まして両親は?

挿絵もとても魅力的です フランスだなって

絵本ナビはこちら

≪ おとなたち 古い考え そのままで ≫

ピーターのいす

p-ta-.jpg
 エズラ=ジャック=キーツ さく
 きじまはじめ やく
 偕成社; 改訂版 (1969/10) (キーツの絵本)





〈 妹が生まれて、ゆりかごもおもちゃも愛着をもっていた自分のものが、次つぎと妹のものになっていく。
幼児の心の成長を描きます。〉

たくさんのたのしいやさしい絵本を届けているキーツ
「ピーターシリーズ」もたくさんあります
これはコラージュのやさしい色づかいの絵本です
和紙もたくさん使っているそうです

キーツ(アメリカ)は絵本の主人公=白人を打ち破ります
それがとても魅力的です

絵本ナビは こちら

≪ いもうとの いすにするんだ おにいちゃん ≫


クローバー・レイン

kuro-ba-.jpg
 大崎梢
 ポプラ社 (2012/6)






〈 本を「作る人」になってみて、わかったこと、思ったこと。
あちこちに熱い思いが迸る、小説が届くまでの物語。〉

書店員さんをされていた著者
そのあたりが面白くて 読んでいます

この主人公は文芸編集者

「本作り」の大変さと面白さが伝わって来ます
きちんと本屋さんで買わないと申し訳ないなあと思いつつ
図書館で借りています スミマセン

小説家や出版社に勤める人の家庭の事情も織り交ぜながらストーリーは展開します

気になる人があちこちに

出版社からは こちら


≪ 読む本を 届ける人の 心意気 ≫

いただきまあす

gagatu1.jpg
 ふーは座椅子でまったり


gagatu2.jpg
 なつきは茶室横でまったり





gogatu7.jpg
 やっとごはん
 いただきま~す



gagatu3.jpg


かんづめとかりかりは特性ブレンド



gogatu8.jpg
 ふー あっという間に完食


gagatu9.jpg
 なつきはいつも残します
ボールでふーから保護




gagatu5.jpg
 なっちゃんの分もいただきまあす




≪ みゃーみゃーと 催促されて したくする ≫

ロージーとムサ

ro-zi.jpg
  ミヒャエル・デコック 作
  ユーディット・バニステンダール 絵
   久保谷洋 訳
    朝日学生新聞社 (2012/7)







〈 お母さんと二人、町の反対側のはしっこに引っこしてきた少女ロージー。
引っこし先のマンションで、ねこを「犬」と呼ぶ、変わった少年ムサに出会いました。
孤独をかかえる二人の心はだんだん通い合っていきます。
ひょんなことから、ロージーとムサは立ち入り禁止の屋上に閉め出されてしまい!?
2011年ベルギー最優秀児童文学賞銀賞。〉

ベルギーの街(ブリュッセルかな)の様子が興味深いです
ロージーもムサもたくさんのものを抱えている
大人たちもさまざまなものをかかえています
児童書だから深くえぐらないけれど 読み手は気がかりなんです
あたたかいココアにほっとします
絵もちっともかわいくなくて それがまたいいのです

シリーズ化(2)まで発売

くわしくはこちら

≪ 少年の 孤独にそっと 寄り添う手 ≫




ほんをよむのにいいばしょは?

honwo.jpg
 シュテファン ゲンメル 文
  マリー・ジョゼ サクレ 絵
  斉藤 規 訳
新日本出版社 (2013/03)




〈 こねずみニリィが森をいくと、本が1さつおちていました。
おはなしが大すきなニリィは本をよんでみようと思うのですが…。
おうちのなかではおとうとたちが大あばれ、森ではキツツキが木にあなをあけています。
うるさくて本をよむどころではありません。
あきらめかけたそのとき、ニリィはすてきなことを思いつきました――。〉

ドイツの児童文学者
イラストはベルギーの方
ねずみや他の動物の表情が愛くるしく描かれています
深い色づかいで森の中へいざなってくれます

くわしくはこちら

≪ 本を読む 静かな場所で 一人だけ?≫

だいじょうぶ3組

daijyoubu.jpg
乙武 洋匡
講談社 (2012/12/17)
(講談社文庫)






〈 松浦西小学校に5年3組の担任としてやってきたのは、手と足がない先生、赤尾慎之介。
「フツーって何だろう」「一番を目指す意味って?」
――個性豊かな28人の子どもたちと赤尾先生は、幾つもの“事件”を通して、大切なことに気づいていく。
三年間の教員生活から生まれた著者初の小説。(講談社文庫)〉

映画もおもしろそうでしたね
文庫版で読みました
読みやすくて 考えさせられて 応援しながら読みました
障害者どうとかいうのではなく 子供たちが成長していくのが
とてもよかった
一気読みです

「わたしは[  ]だけど、[  ]だよ」
大切ですよね

くわしくはこちら

≪ ナンバーワン めざしてその後 オンリーワン ≫

メガネをかけたら

megane.jpg
  くすのき しげのり 作
   たるいし まこ 絵
  小学館 (2012/9)





〈 メガネをかけなくちゃいけなくなった。そんなのぜったいにいや!
だって、だれもかけてないもの。きっとみんなにわらわれるもの。
でもね、もしメガネをかけたらこんなすてきなものがみえるかもしれませんよ。〉

大好きな絵本『おこだでませんように』の作者くすのきしげのりさんの作品
これも昨年の低学年課題図書でした

あたたかい「おもいやり」をえがくお話し
絵がいいです
この女の子の表情がいい

学校での対応はちょっとやり過ぎかなとか思うけれど、担任の先生の気持ちが伝わります

絵本ナビはこちら

≪ はじめての ドキドキめがね なに見えた? ≫

海賊とよばれた男 上・下

kaizoku1]
kaizoku2.jpg
 百田 尚樹
 講談社 (2012/7)









〈 戦前業界で恐れられた、石油を扱う国岡商店。
戦争が終わり、他の石油会社、官僚の妨害にあって商売がうまくいかない。
そんな逆境に挑み続けた、店主の国岡鐵造のモデルは、出光興産の創業者・出光佐三。

20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。
その石油を武器に変えて世界と闘った男のノンフィクション・ノベル 〉

ずっと読みたくて、でも図書館予約半年過ぎてもまだ
そんな時友人が貸してくれた お~!

かなりの脚色はあるのだろうが史実に基づいたノンフィクション
ノンフィクションはあまり読まないのだが これは面白かった

長編だが一気に読んだ

社員への信頼が すごい
常に前進する姿がすごい

仙厓
出光のカレンダーを見た 仙厓の水墨画
あたたかくてユーモラス
これを愛した人なんだね

出版社からはこちら

≪ 愚痴をやめ 日本のために 突き進め ≫

まんまる ハオちゃん

hao.jpg
 やぎ たみこ
 くもん出版 (2013/3/7)






〈 いわやまでうまれたりゅうのきょうだいのすえっこ、ハオちゃん。
りゅうなのにまんまるで、とぶこともくもをつくることもまだできません。だけど…。〉

かわいいです。このハオちゃん
おにいちゃんたちも いたづらせんにんちゃんも
やわらかい絵で立体感があって
ハオちゃん たのしそうです

絵本ナビは こちら

≪ まんまるの こころとからだ ほらあなた ≫

シフォンマロンチョコ、そして俺

五月

今日から五月
緑がきららと美しいです
世間はGW 海外旅行 いいなあ
まっいっか
ネコとまったり過ごしましょう
syoubu1.jpg
 ミニこいのぼりと花菖蒲
 蛸壺にほうりこみました




syoubu4.jpg






syoubu2.jpg



syoubuu3.jpg

 









小鳥の歌を聴きながら洗濯物を干す
 ふーを膝に本を読む
 あ~シアワセ

 今月も穏やかに過ごせますように
 

 ≪ かおる風 日差しそそいで ねこを抱く ≫
このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ