LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

コララインとボタンの魔女

coralin.jpg

  ニール・ゲイマン
  金原 瑞人 , 中村 浩美 訳
  スドウピウ イラスト
   角川書店 (2003/6)


〈 秘密の扉の向こうの世界に住む、真っ黒なボタンの目の両親たちとの生活を楽しみ始めたコララインだが、
やがてその世界に閉じこめられていることに気づいて--!〉

もうすぐ3Dアニメが公開ということで話題になっている(かな?)
ダークファンタジーといわれるこの作品
かなり不気味な描写も多かった
ロンドンから遠くないちょっと田舎の大きな古いお屋敷
コラライン・パパとママ・フロアの違う老人3人と黒猫

作者はイギリスでとっても人気だとか
イラストはスドウピウさんの版画(やわらかいいつもの画風とは一味違う)

映画は すごそう
昔ながらのコマドリ手法と3Dの合体とか

お話しはなかなかおもしろかったけれど

くわしくはこちら

≪ ボタンの目 パラレルワールド 見抜けるか ≫

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ