LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

ぼくのブック・ウーマン

bokunobukkuu-man.jpg
  ヘザー・ ヘンソン 文
  デイビッド・ スモール  絵
  藤原 宏之 訳
  さえら書房 (2010/04)




〈 カルは、高い山の上に住んでいるので、学校へ通うことができません。
もちろん図書館なんてないし、本を読みたいと思ったこともありませんでした。
ある日、馬に乗った女の人が、カルの家に本を持ってやってきて…。
今から、80年前のアメリカ。
学校にかよえない不便な場所でくらしている子どもたちへ図書館の本を運びつづける人たちがいた。〉

1930年代のアメリカで「Pack Horse Librarians」(荷馬図書館員」といわれていた人たちは
ケンタッキー州アパラチア山脈あたりではBook Womanとよばれていたそうです
実際にあった勇気ある仕事にをヒントにして生まれたお話です(「あとがき」より)

当たり前に本を読んでいる
いつも図書館で借りて
何百人もの予約待ちだなって文句言いながら

これがどんなにしあわせなことか あらためて思う
図書館さま ありがとうございます

絵本ナビはこちら

≪ 図書館へ 胸躍る道 今日もまた ≫

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ