LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

ぼく、ドラえもんでした。

bokurdoraemon.jpg
  涙と笑いの26年うちあけ話
  大山 のぶ代
   小学館 (2006/5)









〈 ドラえもん声優時代を中心とした、大山のぶ代さんの書き下ろし自伝。
大山さんにしか語れない26年間の涙と笑いにあふれたエピソードでつづる。〉

世界中で愛されているドラえもん

でも 私たちにはあの声と離してはイメージできない
26年もの間 あれだけの人気

どんなにかたいへんだったことと
それを 淡々と笑いを交えて語られるエッセイ
とっても読みやすくてあったかだった
大山 のぶ代 さんの人柄が伝わってくる

原作者の藤子・F・不二雄(藤本先生)のエピソードがとても胸を打った
みんなで手作りでつくりあげてきたアニメなんだなあって思う

くわしくはこちら

≪ 育てられ 私すなわち ドラえもん ≫

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ