LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

水底の棺

minazokonohitugi.jpg
   中川 なをみ
   くもん出版 (2002/08)







〈 東大寺再興の偉業を果たした実在の重源上人と弟子の人生を背景に、孤児の小松が苦闘の末、干害で喘ぐ故郷南河内狭山池の改修を見事に果たすまでの壮大なドラマ。
炎と水の重さを、深い愛憎の中に封じ込めた物語。 〉

平安末期の大阪河内・京都・奈良が舞台
様々な歴史的事実(武家勢力の勃興・東大寺再建・中国・朝鮮との交流など)を織り交ぜながら
人々と触れ合い導かれ裏切られながらも「生きることの意味」を問い続ける少年の成長を描く

水争い・飢饉・人買い・盗人など社会の底辺の惨状や寺社の壮大さ・行事の華麗さも目に見えるように語る
幼なじみとの恋もせつない

貴人を葬った石棺を池の底に伏せ樋とした狭山池の工事が題名に 

この作家は初めての出会い
歴史って面白いね
味わえるのは中学生くらいからでしょうか?

くわしくはこちら


≪ 命の炎(ひ) 強く弱くと 燃やすため ≫ 

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ