LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

ぼくらの地図旅行

bokuranotizuryokou.jpg

   (福音館のかがくのほん)
   那須 正幹  ぶん
   西村 繁男  え
   福音館書店 (1989/1/1)



〈 岬の灯台まで歩く2人の友情を軸に、地図の読み方、使い方を解説。物語としても楽しめる。〉

『地図のよめない女』代表のおばちゃんはこんな地図でも頭が痛くなります
でも西村 繁男さんの丁寧な絵と見比べてつい歩いていきます
二人の少年と一緒に

20年くらい前の町の人々の日常と隅々まで描かれた風景が 読み手を飽きさせません

 少年のミニ冒険はいつの時代もわくわくですね
(今はさせてもらえないでしょうか)

出版社からはこちら

≪ 地図を手に ぐるぐるまわって 疲れ果て ≫

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ぼくらの地図旅行」

「地図と磁石があればどこだって行けるよ。」友達の前まで言い切ってしまったシンちゃん。 タモちゃんは一緒に休みの日に、駅から8kmもあ...

コメントの投稿

非公開コメント

楽しい絵本でしたね。
すみずみまで子どもたちと一緒に眺めたものです。
古い記事ですが、前に書いていたので、TB送ります。

牛くんの母さまへ

「やこうれっしゃ」から西村さんのファンで
これも絵が精密で誠実ですね
地図苦手なのですが(笑)楽しく読みました
ていうより やはり 眺めました

コメント・TBありがとうございました
このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ