LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

八つの夜

yattunoyoru.jpg
  与謝野晶子児童文学全集〈1〉―童話篇
  与謝野 晶子 著
  上 笙一郎  編
  春陽堂書店 (2007/07)







〈 12歳の少女綾子が、8人の少女に変身して次々と思いもよらぬ経験をする『八つの夜』、“人生修行”の旅に出た11歳の藤太郎が、危機一髪を乳母の機転によって救われる『行ってまいります』など、少年少女に向けた晶子の長編童話を収録。
情熱の歌人・与謝野晶子の知られざるもう一つの顔。〉

1914年に実業之日本社から初版
1974年ほるぷ出版より復刻版が

歌人としてあまりにも著名な与謝野晶子
彼女が数多くの児童文学作品を創作していたことを知らずにきた
膨大な著作と教育者としての活躍はなんとなく知ってはいたけれど
なにぶん11人もの子供を育て上げた女性
あの感性の持ち主だもの 童話もうまれるわねえと再認識

竹久夢二のカバー絵も哀愁を漂わせる

この時代に照らし合わせれば画期的な作品
美しい文章表現には惹かれたけれど でもでもストーリーは退屈だった
なんて不遜なとは思うのだけれど

くわしくはこちら

≪ 母として 寝顔に注ぐ 作品群 ≫

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ