LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

絵本が目をさますとき

ehonnmewosamasu.jpg
長谷川 摂子
福音館書店 (2010/3)






〈 長年子どもと絵本を読みつづけてきた著者が、子どもへの思い、絵本への思いを、若い母親への手紙にこめてつづる絵本案内。
月刊「母の友」の好評連載が単行本になりました。 〉

いつも拝見している「心に残る本」
で教えて頂きました
先月の著者の訃報です

たのしい言葉のリズムでフワッとファンタジーの世界へ導いてくれたたくさんの絵本
子供たちも体をむずむずさせて聞くんですよね

この本は絵本の紹介にとどまらず子供たちへの伝え方、著者の児童文学への熱い想いが込められています

楽しんだものだけでなく、まだ手に取っていない絵本もたくさん紹介されていました
読みたいです

長谷川摂子さん ありがとうございました

くわしくはこちら

≪ 目をさます 子らの笑顔で 絵本たち ≫

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

かよりんさん、おはようございます。
「絵本が目をさますとき」、なかなかいい本ですよね。
子育てについての著者の視点、納得させられるものや参考になるものが多く、子育て中に読んでおきたかったと思いました。

牛くんの母さまへ

長谷川摂子さんの優しい想いと熱い情熱、そして確かな知識がダイレクトに伝わってきましたね

いろんな絵本のリズム感のあるすてきな文
楽しませて頂いてますよね
子供も大人も
作品はずっと残ると思います

訃報教えて頂いた時はショックでしたが

コメントありがとうございました

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ