LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

峠うどん物語(上)(下)

tougeudon1.jpg
tougeudon2.jpg
重松 清
講談社 (2011/8/31)






〈 市営斎場の前に建つ、一軒のうどん屋、『峠うどん』。
暖簾をくぐるのは、命の旅立ちを見届けたひとたち――。〉

設定がすごいよね
中学二年生のよっちゃんは、祖父母が営むうどん屋『峠うどん』を手伝いながら たくさんのことを学んでいく

「命」のこと
家族、友だち、町の人たちのこと 「生きる」こと

お葬式って 深く考えさせてくれる場

やわらかい文体で あつあつのうどんのように 暖かいものを届けてくれた本でした
全ての人がかっこよかったです

出版社からはこちら

≪ 泣きながら すするうどんの あたたかさ ≫ 

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ