LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

ワン・モア

wannmoa.jpg
  桜木 紫乃
  角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/11)









〈 月明かりの晩、よるべなさだけを持ち寄って肌をあわせる男と女。
傷はいつしかふさがり、ふたたび生まれかわるだろう―。
死の淵の風景から立ちあがる生の鮮やかなきらめきの瞬間を情感豊かにつむぐ、今注目の著者による傑作小説。 〉


北海道の小さな島の描写がとても美しかった
ヒロインの医師に惹かれる
6編がそれぞれ切ないけれど、死と向き合いながら「生きる」ことが描かれている
ラストはそれぞれが絡み合って後味がいい
う~ん大丈夫かななって思ってしまうけれど気持ちよくページを閉じた

書評はこちら

≪ 死の淵に 背を向け歩く もう一度 ≫ 

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ