LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

虫眼とアニ眼

musimeanime.jpg
養老 孟司 (著), 宮崎 駿 (著)
徳間書店スタジオジブリ事業本部 (2002/07)







〈 虫好きの解剖学者とアニメーション映画監督が語り合う『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』のこと、自然と人間のこと、そして子供たちのこと。〉

ノンフィクションばかり読んでいる私が久しぶりに手に取った対談集
やはり大好きな宮崎駿さんだから

これは面白かった
興味深かった
宮崎作品についての想いや自然と人間とのかかわりあい、特に子どもをめぐる現状についてのお二人の話し
また、養老 孟司さんが警告を発する「日本人や日本文化の『都市化・脳化』」にとても共感した

今年の夏はジブリアニメが公開されなくてさびしい

出版社からはこちら

≪ 野で遊べ トトロ百回 観るよりも ≫
     宮崎駿さんから子供たちへ

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ