LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

天地明察(1)~(3)

tentimeia.jpg
 
 槇 えびし 漫画
 冲方 丁  原作
 講談社 ((2011/9/23~2012/8/23) (アフタヌーンKC)




〈 小説はもとよりゲーム、アニメ、漫画原作などマルチに活躍する異才、冲方丁 (うぶかたとう)の初の時代小説にして、本屋大賞・吉川英治文学新人賞など 数々の賞を受賞したベストセラーを完全漫画化!
江戸時代初期、日本独自の 暦を製作した渋川春海の山あり谷あり、囲碁あり算術あり天文ありの人生を実 力派絵師・槇えびしが爽快に描く! 〉

原作の小説、すごく面白かったです
そして この漫画も 分かりやすくて 原作の味がこわれてなくて、とてもいいなあと思いました
三巻 一気に読みました

映画はどうだったのでしょうか?

江戸時代の算術、暦 興味深いです

くわしくはこちら

≪ 変人と 言われつづけて 星仰ぐ ≫

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

映画観てきました。
岡田くんがイイ味出していました。

で、やはり原作も読んでみようと
文庫本も買ってきましたが・・・
まだ、積んであります。

こちらの方(漫画)が私向きだったかな~~?

へちゃさんへ

岡田君 好きだわ!
でも映画はみないなあ 

このコミック すごくよかったよ
原作読んでからだとがっかりすること多いけど
これはとてもいいと思ったよ
まだ三巻しか出ていないと思うけど
まだ序盤だから

コメントありがとうございました
このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ