LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

ラプンツェル

rapunnreru.jpg
 グリム 原作
 サラ・ギブ 絵
 角野 栄子 (翻訳)







〈 美しい娘のラプンツェルは高い高い塔のなかに閉じこめられてしまいました。
訪ねてくるのは、森の小鳥たちと、ラプンツェルをそこに閉じこめた魔女だけです。
あるときラプンツェルが小鳥たちに歌を歌っていると、ハンサムな王子が馬に乗って通りかかりました。
王子はその愛らしい声に魅せられ、たちまちラプンツェルに恋をしてしまったのでした……。
真実の愛は、ラプンツェルの人生を変えられるでしょうか。
グリムの古典的な物語を、サラ・ギブのおしゃれで優美な絵が生き生きと語りあげます。〉

よく知られたグリム童話
サラの絵は美しくて どの場面も夢のようにしか見えません
絵に見入っている間にお話しは終わります
ラプンツェルってノヂシャっていう意味なんですね
大人になってから知りました
それにしても魔女はこのラプンツェルをどうしたかったんでしょう
さびしかったのかなあ なんて思ってしまいました

絵本ナビはこちら

≪ 死のふちで 魔女のサラダ菜 ラプンツェル ≫ 

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ