LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

みどりのゆび

midoriyubi.jpg
モーリス ドリュオン 作
ジャクリーヌ・デュエーム 絵
安東 次男  訳
岩波書店; 新装版 (2002/10)




〈 裕福に暮らすチト少年.お父さんが兵器を作る人だったことを知り,驚きます.
じぶんが不思議な〈みどりのゆび〉をもっていることに気づいた少年は,町じゅうに花を咲かせます.
チトってだれ?〉

フランスの歴史小説家、政治家でもあるモーリス ドリュオン(1918 - 2009)
児童文学の古典でしょうか
岩波少年文庫は1977年に出版されています

子供向きのやさしい表現ですが大人はドキッとさせられます
犯罪、貧困、病気そして戦争
花をさかせる チト少年

ラストは美しいですが とても悲しい

彼を愛したまわりの人たちは?まして両親は?

挿絵もとても魅力的です フランスだなって

絵本ナビはこちら

≪ おとなたち 古い考え そのままで ≫

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔 読んだけど・・・・
記憶が・・・・・アイマイです。

もう、一度 読んでみたい・・・と、思いました。

へちゃさまへ

「星の王子さま」的な
ポピュラー度は低いかな
思索にとんだ作品だと思います

すぐ読めてしまいます
もう一度是非

コメントありがとうございました
このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ