LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

モーツァルトとクジラ

mozart.jpg
   出演: ジョシュ・ハートネット, ラダ・ミッチェル
   監督: ピーター・ネス
   DVD発売日: 2007/06/29




先日知人に薦められてレンタルしてきました
自閉症スペクトラムのアスペルガー症候群
その障害を抱える若者のラブストーリーです
なんとか普通になりたいと苦悩するドナルドと
このままでいいじゃないというイザベラ
心温まる映画でした
現実は厳しいけれど・・・
くわしくはこちら

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

今日(20日)、映画を観ました。
その前に「音符と昆布」を観ていたので
少しだけ・・・理解することが出来ました。
先に「音符と昆布」を観ていなかったら
この映画は解らなかったと思う。

障害とは何か?と問われれば
「個性」と答える人が多い。
では、個性とは何か?
障害と闘っている人が 「それは個性だから」
と言われたら・・・
障害は個性ではないと思う。

だから・・・
相手との向き合い方の問題なんだと思う。
障害を考える。
生きることを考える、
生活をするいうことなんだと思う。

現実は・・・
でも「現実」って いくつも
生じるもの

noaさんへ
「音符と昆布」はこちらのレンタル屋さんにはありませんでした
残念

高齢者はさまざまな機能が低下して障害者になります
決して特別なことではないのよね
できないことを補い合って 障害者にやさしい社会にならなくてはね
まず「知ること」だよね

現実は厳しいけれど

コメントありがとうございました
このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ