LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

カッパのぬけがら

kappanonukegara.jpg
   なかがわ ちひろ 作
   理論社 (2000/04)





翻訳家として著名な中川 千尋さんの絵本(?)です
(なんか河童づいてますが)

「ぬぎたてほやほやのぬけがらをきてゲンタはカッパになった」

全体に漂う ゆるゆる感がなんとも心地よい
コミックのような線画
マーブル模様とか 淡い色使いの背景がまた心地よい

現代の河童
ゲンタとのやり取りにクスクス

でも 本を閉じた時 なんだかカナシイのは なぜ?

河童は100年に一度脱皮するんだって

くわしくはこちら

≪ ぬけがらに 命与えた 友はなく ≫

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

ふふ…これもウチの本棚にありますね~(*^_^*)
でも中身忘れちゃった(^^;

かっぱの出てくるお話って、表現が面白いのが多いですよね。
久々に開きますか!

ちゃんこ@ちゃんへ

やたら河童読んでます(笑
なんか惹かれます
また読みなおしてみてね~

いつもおいしそうなちゃんこ家ですね

コメントありがとうございました
このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ