LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

はじめての文学

hazimetenobungaku.jpg
  川上弘美
  文藝春秋 (2007/5)






このシリーズは
「はじめて現代の日本文学にふれる若い読者のために」編集された12巻のうちの一冊です

「熊にさそわれて散歩に出たり、女友達と裸エプロンにチャレンジしたり。日常からちょっぴり不思議な世界への扉をひらく傑作十三篇。」との紹介です

13篇のうち読み終わっても「?????・・・」って感じのものもありましたが
やわらかい文体で日常からちょっとはみ出たようでほわっと楽しみました

思春期の少女をえがいた「草の中で」や
32歳の女性のひとこま「ときどき、きらいで」とか好きです

「センセイの鞄」のツキコさんも登場していました

くわしくはこちら

≪ 草いきれ 大人と子供の 間(あわい)には ≫

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ