LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

英雄の書 (上)(下)

eiyuunosho1.jpg
  宮部 みゆき
  毎日新聞社 (2009/2)



3月から図書館予約してやっと

〈 兄を追って、ひとりの少女が物語の世界へと飛び込んでいく。
ゲームさながらの展開で、たっぷり上下巻のボリュームを感じさせない。
言い知れぬ緊張感が漂いつづける雰囲気は、まさにダークファンタジー。〉

あの宮部ミステリーのゾクゾクする緊張感はなかったけれど やはり 重厚でおもしろかった

「物語」「英雄」のとらえ方が難しくて最初はとまどったし
主人公友理子が小学5年生というにはあまりにも勇敢で言葉の理解が早いのにはう~~んと
(『ICO』や『ブレイブ・ストーリー』とかはすんなりだったんだけど)

しかし ラストに近づくにつれ 謎が解き明かされ 全体が浮かび上がって もう読み進まずにはいられなくなった

くわしくはこちら

≪ 紡ぎ出す 光と闇の 物語 ≫

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ