LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

エゾオオカミ物語

ezoookami.jpg
   あべ 弘士
   講談社 (2008/11)





rururu☆cafeさんのご紹介

〈 それは、たった100年ほどまえのこと…。
絶滅してしまったエゾオオカミと人間の歴史をシマフクロウがしずかに語ります。 〉

著者は旭川の旭山動物園にながく勤められた経験から動物絵本の第一者として活躍されています

重いテーマを鋭くてリアルであたたかい絵で描いています
エゾフクロウがモモンガの子供に語ります
「でものお、こんどはエゾシカが悪者(わるもの)になっておるが、そうしたのは、ほんとうは“だれ”なんじゃろう?」
「オオカミの遠ぼえは、もうきこえない。」

絵本ナビはこちら

≪ 絶滅の 生のおたけび こだまする ≫

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~。
しみじみと心に残るいい絵本でしたね。

あべ弘士さんの描く動物たちは、迫力があって見事です。

牛くんの母さまへ

目がいいですね~
もちろんタッチも
森の風まできこえそうな

こんな森 残さなければ・・・

コメントありがとうございました
このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ