LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

メガネをかけたら

megane.jpg
  くすのき しげのり 作
   たるいし まこ 絵
  小学館 (2012/9)





〈 メガネをかけなくちゃいけなくなった。そんなのぜったいにいや!
だって、だれもかけてないもの。きっとみんなにわらわれるもの。
でもね、もしメガネをかけたらこんなすてきなものがみえるかもしれませんよ。〉

大好きな絵本『おこだでませんように』の作者くすのきしげのりさんの作品
これも昨年の低学年課題図書でした

あたたかい「おもいやり」をえがくお話し
絵がいいです
この女の子の表情がいい

学校での対応はちょっとやり過ぎかなとか思うけれど、担任の先生の気持ちが伝わります

絵本ナビはこちら

≪ はじめての ドキドキめがね なに見えた? ≫

まんまる ハオちゃん

hao.jpg
 やぎ たみこ
 くもん出版 (2013/3/7)






〈 いわやまでうまれたりゅうのきょうだいのすえっこ、ハオちゃん。
りゅうなのにまんまるで、とぶこともくもをつくることもまだできません。だけど…。〉

かわいいです。このハオちゃん
おにいちゃんたちも いたづらせんにんちゃんも
やわらかい絵で立体感があって
ハオちゃん たのしそうです

絵本ナビは こちら

≪ まんまるの こころとからだ ほらあなた ≫

かようびのよる

kayoubi.jpg

 デヴィッド・ウィーズナー
 当麻 ゆか
 徳間書店 2000年05月



〈 それは、ある火曜日の夜のこと。
蓮の葉に乗ったたくさんのカエルたちが、池から街を目指して飛び始め…。
夜明けまでの出来事をリアルな描写で描き、日米両国で高い評価を受けた傑作絵本。
映画を見ているような場面展開が魅力的。
コールデコット賞 絵本にっぽん賞特別賞受賞 よい絵本選定 〉

友人の紹介で 今 デヴィッド・ウィーズナーにはまっています

これ最高!
かえるたち かなりリアル
びっくり、緊張、笑い なんと表情豊かなことか
ほとんど絵だけの作品
じっくり見つめると 作者の遊び心ににんまり

最初から最後まで 目が離せません

圧巻はラスト!

絵本ナビは こちら

≪ またふしぎ つぎのかようび よるがきて ≫


漂流物

hyouryu.jpg
デイヴィッド・ウィーズナー
BL出版 (2007/05)






〈 漂流物―やがて、それはどこかの浜辺にうちあげられることだろう。
そして、それを見つけた者はとても驚き、だれかに伝えずにはいられない。
ウィーズナーがあなたに伝えたい世界とは…。2007年コールデコット賞受賞作品。〉

文字のない絵本
これはすごい!
時空を超え 空想の世界へ羽ばたく
浮遊感
それでいて 現実感
次の展開を期待させる

すごいなあ
表紙からひきつけられる

絵本ナビはこちら

≪ 海からの はてしない旅 プレゼント ≫

このタイトルで 津波災害に想いを馳せざるを得ないのがつらいですね

ラプンツェル

rapunnreru.jpg
 グリム 原作
 サラ・ギブ 絵
 角野 栄子 (翻訳)







〈 美しい娘のラプンツェルは高い高い塔のなかに閉じこめられてしまいました。
訪ねてくるのは、森の小鳥たちと、ラプンツェルをそこに閉じこめた魔女だけです。
あるときラプンツェルが小鳥たちに歌を歌っていると、ハンサムな王子が馬に乗って通りかかりました。
王子はその愛らしい声に魅せられ、たちまちラプンツェルに恋をしてしまったのでした……。
真実の愛は、ラプンツェルの人生を変えられるでしょうか。
グリムの古典的な物語を、サラ・ギブのおしゃれで優美な絵が生き生きと語りあげます。〉

よく知られたグリム童話
サラの絵は美しくて どの場面も夢のようにしか見えません
絵に見入っている間にお話しは終わります
ラプンツェルってノヂシャっていう意味なんですね
大人になってから知りました
それにしても魔女はこのラプンツェルをどうしたかったんでしょう
さびしかったのかなあ なんて思ってしまいました

絵本ナビはこちら

≪ 死のふちで 魔女のサラダ菜 ラプンツェル ≫ 

このサイトについて

かよりん

こんにちは
管理人のかよりんです

本が大好き
といってもむずかしいのはダメ
絵本を中心に
ひとりよがりに紹介します
おバカな日々もちょこっと

還暦をずっと過ぎボケ防止にブログをと
娘が面倒みてくれています
のんびりとつづっていきたいなぁ

神戸市の山奥にいる
主婦です
よろしくお願いします。

よんだ本
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ